不眠症の一歩手前⁈あなたもかくれ不眠かも知れない‼

スポンサーリンク




あなたは最近よく眠れていますか?

疲れているのになかなか寝つけない、眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまう、寝ても疲れが取れない、夢ばかり見て寝た気がしないなど、眠りに関しての不快症状に悩んでませんか?

仕事が忙しいから、友達と遊ぶのが楽しいからなど様々な理由で大切な睡眠時間を削ったりしていませんか?

その結果、もしかしたら「かくれ不眠」に陥っている可能性があります。

それは不眠症の一歩手前の症状で、病院にいくほどではないけれど、睡眠に満足できない状態を言います。

全国の20代から40代を対象に行った調査では、その約8割の人が「かくれ不眠」であるという結果が出ています。

よく眠れないという理由だけで、なかなか病院へ行くことはないでしょうが、そのうち眠れるようになるから大丈夫とか、少しくらい眠れなくても問題ないなどと考え、放置するのは危険です。

「かくれ不眠」を放置すると、やがて不眠症になり、健康だけでなく人生にとっても計り知れないほどの悪影響があります。

ここでは、「かくれ不眠」の定義、タイプ別の「かくれ不眠」、放置することの危険性、改善方法などをご紹介したいと思います。

かくれ不眠とは

・慢性的な不眠ではない。
・病院へ行くほどではないが、睡眠に関して悩みや不満がある。
・睡眠の重要性に対する認識が低い。

毎晩ではないけれど布団に入ってもなかなか眠れない、朝起きても疲れが残っているようでスッキリしない、休みの日にたっぷり眠れば大丈夫などと考えていて特に何もしていない。

というような場合、「かくれ不眠」である可能性が高いです。

タイプ別「かくれ不眠」

タイプ1.生活が不規則
日常生活や仕事上で生活パターンが不規則になり、決まった睡眠時間が確保できないというかくれ不眠タイプ

タイプ2.眠りが浅い
眠ってはいるが眠りが浅いために、質の良い睡眠がとれていないかくれ不眠タイプ

タイプ3.高ストレス
質・量ともに不十分な睡眠による、様々なストレスが表面化している恐れのあるかくれ不眠タイプ

タイプ4.自分は大丈夫
睡眠環境上、多くの問題を抱えている、「不眠症」に最も近いかくれ不眠タイプ

タイプ5.初期かくれ不眠
睡眠について何かしらの悩みを抱えていて、そのままいけば本格的なかくれ不眠になる心配のあるかくれ不眠タイプ
5つのタイプのうち、「自分は大丈夫」と考えているタイプが最も不眠症に近い重度のかくれ不眠とされています。

現在の自分の睡眠状態に問題がないか、下記のチェックシートで自己診断してみてください。

1.起きたときに「よく寝た」と思えない
2.寝つきが悪いことが多い
3.夜中に何度か起きてしまうことがある
4.思ったよりも早く起きてしまうことがある
5.寝る時間は決まっておらず、毎日ばらばらである
6.平日にあまり寝られないため、休日に「寝だめ」をする
7.よく昼間に居眠りしてしまうことがある
8.集中力が途切れがちで、イライラすることが多い
9.最近、面白そうなことがあってもあまりやる気が出ない
10.自分は寝なくても大丈夫なほうだ
11.眠れないのは異常ではない
12.仕事が忙しいと、寝ないで夜遅くまで頑張ってしまう
睡眠改善委員会

1から12までの設問にひとつでも該当する人は、「かくれ不眠」の可能性があります。

長く続くような場合や、10個以上該当する場合は医師に相談されることをおすすめします。

かくれ不眠を放置してしまうことの危険性

日々のちょっとした眠りの不快症状を放置すると不眠症リスクが高くなります。

不眠症が続くと、やがては自律神経のバランスを崩し、うつ病の発症リスクを高めることにもなります。

また、睡眠不足が続くと基礎代謝が落ちて太りやすくなります。

かくれ不眠対処法

規則正しく眠る
良質の睡眠を取るには、規則正しい就寝時間、起床時間を意識して布団に入ることが大切です。

そうすることで、身体のリズムを整え、睡眠の質を上げることができます。

やがてそれが習慣化され、身体にも睡眠スケジュールが刻み込まれ、布団に入ることが条件反射となり、たとえ眠気を感じていなくても決まった時間に布団に入るだけで熟睡できるようになります。

寝る前の飲酒・コーヒーは禁物
カフェイン入りのコーヒーやお茶、お酒は神経を興奮させる原因になります。

寝る前の飲酒は熟睡しにくくなり、カフェインも摂り過ぎるとなかなか寝付けなくなってしまいます。

但し、枕元に挽いたコーヒー豆を置いて寝ると、香りのリラックス効果により、副交感神経の働きが活発になり気持ちよく眠れます。

寝る直前のパソコン、スマホ、テレビの強い光に注意
寝る直前までパソコン、スマホ、テレビなどの強い光は睡眠を促すメラトニンの生成を阻害し、入眠障害の原因になります。

部屋の明かりを抑えたり、パソコンやテレビなどの明度を下げるなどの工夫をしましょう。

自分に合った「長さ」と「高さ」の枕にする
寝返りを打っても快眠を妨げない程度の長さと、高さについてはその日によって程よい高さが変わるため、高さ調整しやすいものがベストだそうです。

長さについては最低でも60センチは必要で、高さはタオルなどで調整しても良いのではないでしょうか。

まとめ

睡眠に関して、不快症状が続いているような場合は、できることから改善してみることが大切です。

睡眠の重要性を認識し、日頃から快眠できるような工夫や努力をすることで、心身共に健康で豊かな生活を送ることができます。

睡眠の質を高めることは生活の質を高めることにもつながります。

自分の睡眠について、これを機会に1度考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す