自律神経を整えると良いことづくめのその方法とは?

スポンサーリンク




最近、何か調子がいまいちだなあ、食欲もあまりないし、寝ても疲れが取れない。

仕事に行くのが億劫で、やる気が出ないなあといった症状はありませんか?

それは、「自律神経」のバランスが乱れているサインかも知れませんね。

自律神経とは、私達人間が生命維持活動をする上で、「命の源」とも言うべきとても重要なものです。

自律神経が整っていれば、心身ともに若々しく美しく健康でいることができます。

具体的には、腸の働きが良くなって便秘が改善したり、肝臓の機能が上がり髪や肌、爪などがみずみずしく綺麗になります。

また、血行不良が原因の肩こりや偏頭痛、更年期障害などの不快症状が改善されます。

精神的にも安定し、イライラしたり、気分が落ち込んだりすることが少なくなります。

さらに嬉しいことに、脳の働きまでが良くなり、仕事や勉強などのパフォーマンスの向上も期待できます。

いかがでしょうか。
自律神経を整えるとこんなにも良いことづくめなんですよね。

ですが、自律神経はストレスの影響を受けやすく、乱れやすくもあります。

朝から晩まで、人間関係のしがらみや将来への不安など、人は実に様々なストレスにさらされ続けています。

そう考えると、現代人の多くは少なからず自律神経を乱してしまっているということになりますね。

日常生活でストレスを受け続け、そのまま何もしなければ間違いなく自律神経のバランスを崩して、様々な不快症状や不調を感じるようになります。

そうならないためにも、意識して自律神経を整えていくことが大切です。

ここからは、自律神経についてもう少し詳しく説明し、具体的に自律神経を整える方法についてご紹介したいと思います。

自律神経とは?

自律神経とは、自分の意思ではどうにもならない、コントロールできない人体の大事な仕組みのこと。

腸を動かしたり、血液を流したり、栄養を吸収したり、老廃物を回収したりすることは、私達の意思ではコントロールできませんよね。

自律神経とは、私達が何もしなくても体が勝手にやってくれていることと言い換えることもできます。

自律神経の種類
自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経で成り立っています。

交感神経の働き
交感神経は仕事、家事、育児、運動、勉強などの活動している時に働いています。

緊張状態、ストレスを感じている状態で、心拍数が上がり、筋肉は硬くなり、血管は収縮します。

交感神経の働きで、仕事上臨機応変に動くことができたり、段取りよく家事をこなせたり、様々な事態に反射的に対応できるのです。

副交感神経の働き
副交感神経は夜眠っている時、食事中、入浴している時などに働いています。

リラックス状態、気分がゆったりとしている状態、心拍数は落ち着いていて、筋肉もゆるみ、血管も弛緩します。

副交感神経の働きで、新陳代謝を促し、疲労を回復させ、怪我などを修復し、元気な体に戻すことができています。

自律神経が乱れる原因
自律神経が乱れる原因はズバリ「様々なストレス」です。

ひと言でストレスと言っても、肉体的なストレス、精神的なストレスがあり、その内容も人により当然のことながら異なります。

また、全く同じストレス原因でも、人によって感じ方の度合いも違います。

上司にがみがみ言われてもそれほどストレスを感じない人もいれば、いつまでもくよくよと考え過ぎる人もいるということです。

この場合、後者の方があきらかに強いストレスを受けていることになり、自律神経を乱す可能性が高いということになります。

自律神経を整える具体的な方法

食べ物で自律神経を整える方法
1.発酵食品をとる
納豆、味噌、キムチ、ヨーグルト、乳酸菌などの発酵食品には自律神経を整える働きがあります。

また、酵素が含まれる発酵食品には腸内環境を整え免疫力をアップし、新陳代謝を促す働きもあります。

2.食物繊維の多い食べ物を食べる
玄米、きのこ類、海藻、ごぼう、そばなどの食物繊維を多く含む食べ物は、時間をかけてゆっくりと腸の中を進んでいきます。

食べ物が腸の中を進む時は、副交感神経が優位になっています。

食べ物が腸の中を進む時間が長ければ長いほど、副交感神経の働いている時間が長くなるということです。

3.すっぱいもの、辛いものを食べる
レモン、梅干し、酢、とうがらし、わさびなどのすっぱいものや辛いものは、副交感神経を優位にしてくれます。

食べ過ぎは逆効果になるので、ほどほどに食べましょう。

4.温かい飲み物をとる
水分をとることで、消化器系が刺激されるため、自律神経を整えるのに効果的です。

但し、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、日本酒、プーアール茶などの体を温める飲み物を飲むようにしましょう。

入浴で自律神経を整える方法
1.お風呂の温度
お風呂の温度は38~40度の少しぬるめが効果的です。

熱過ぎるお湯は、交感神経を高めてしまうため逆効果になります。

2.長すぎる入浴は逆効果
のぼせてしまうほどの長風呂は逆効果です。

湯船につかる時間は気持ちいいと感じる程度にしましょう。

3.効果的な入浴時間
入浴時間は、食後1時間以上経過していて、寝る1時間位前にお風呂から出るのが効果的です。

食後すぐの入浴は身体に負担をかけてしまいます。

良質な睡眠で自律神経を整える方法
1.寝る前の気持ちのいい入浴で寝つきが良くなります。
シャワーのみは交感神経を高めてしまうためNGです。

2.早寝早起きの習慣をつけましょう。

3.ゆったりとした気分で寝られるように、好きな音楽を聴いたり、アロマをたいたり、間接照明にするなどの環境づくりも大切です。

4.寝る直前のテレビ・パソコン・ゲームは控えましょう。
運動で自律神経を整える方法
運動をすることで自律神経の働きが活発になります。

普段動かさない筋肉を使ったり、体の深部の筋肉が鍛えられることで、内臓の働きが活発になり副交感神経が働きやすくなります。

より効果的な運動は、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などです。

自分のペースでできる運動が効果的で、勝ち負けを競うような運動は逆にストレスとなってしまうので避けた方がいいでしょう。

マッサージで自律神経を整える方法
不調や疲れがたまっている人というのは、共通して体がガッチガッチに固くなっています。

この固い筋肉をほぐせば、副交感神経に切り替わって不調や疲れがどんどん回復していきます。

呼吸で自律神経を整える方法
私達は普段、浅く短い胸式呼吸をしていますが、これは交感神経を刺激し自律神経を乱す原因になります。

意識して腹式呼吸をするようにしましょう。

鼻で息を吸いながらお腹を膨らませ、ゆっくりとお腹をへこませながら息を吐いていきます。

腹式呼吸をすると、自律神経が密集している横隔膜が上下運動を行います。

このことで自律神経が刺激され、副交感神経が働きリラックスしていきます。

まとめ

自律神経は私達人間が生きていくために、「命の源」とも言うべきとても重要なものです。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、活発な活動状態で主に働く交感神経とゆったりしたリラックス状態で働く副交感神経とのバランスが大切です。

その2つの自律神経のバランスが乱れると、様々な不調や不快症状が出てきます。

自律神経を整えるには、食べ物、入浴、運動、マッサージ、腹式呼吸などの効果的な方法があります。

現代社会において、ストレスを避け生きることは至難の業です。

日々様々なストレスにさらされながらも、自律神経を整える方法を知り、意識的に日常生活に取り入れていけば、心身ともに健康で幸せな人生を送れると思います。

ストレスを感じている、感じていないは別として、自律神経を整える方法を積極的に試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す