【更年期の不快症状】無気力、イライラ、不安感とのつき合い方

スポンサーリンク




女性の更年期とは、閉経の時期(50歳頃)を挟んで前後約10年間と言われています。

更年期になると卵巣の働きが衰え始め、女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。

すると脳は、エストロゲンを分泌させようと盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌するようになります。

それでもエストロゲンは増えない、卵胞刺激ホルモンは増えるという「ホルモンバランス」の乱れが起こってしまいます。

このようにホルモンバランスの乱れによって更年期障害と言われる不快症状が現れるわけです。

更年期の症状に個人差がある

更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れだけではありません。

夫の定年、子供の独立、親の介護など様々な要因が重なり合うことにより、それらがストレスとなって更年期障害が現れることもあります。

また、更年期症状には個人差があり、更年期になってもほとんど気にならない位軽い人もいれば、日常生活に支障をきたすほど症状の重い人もいます。

これは本人の性格や職場環境、夫婦仲や家族仲などの良し悪しが影響していると考えられています。

性格的にはネガティブに考える人の方が、更年期症状も重症化しやすい傾向にあります。

最近疲れやすくなったなあ、仕事や家事など何をやるのも億劫で、些細なことにイライラしたり、漠然とした不安感に襲われたり、といった症状に悩んでいませんか。

更年期を正しく理解して、自分に合った方法で改善してみましょう。

更年期でよくある症状

無気力、イライラ、不安感、集中力が続かない、物忘れ、不眠、ホットフラッシュ、ほてり、動悸、めまい、肩こり、腰痛、手のこわばり、手足のしびれ、頻尿、性交痛、骨粗しょう症、高脂血症、動脈硬化など

これらの症状の中でも、イライラや不安感などの精神的症状で苦しんでいる人が最も多いということです。

また、ホルモンバランスが崩れ、夜の夫婦生活にも影響を及ぼし、夫婦関係まで悪化してしまうケースもあるようです。

更年期障害の改善方法

1.睡眠の質を高める
2.ホルモンバランスを整えるビタミンEや亜鉛を意識して摂る
3.女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持つ大豆イソフラボンもこまめに摂る
4.自律神経のバランスを整えるのに適しているウォーキングなどの有酸素運動をする
5.更年期だからとあまり神経質にならずに、気の合う仲間と楽しくおしゃべりしたり、趣味を楽しんだりしてストレスを溜めないようにする
6.無理をしないで休む
7.無気力、イライラ、不安感に襲われたら「こんな時もあるさ」と取りあえず受け止め、あとは考え過ぎないようにする
8.栄養バランスの取れた食事を心がける

最近では30代の若い世代でも、プレ更年期と言われる若年性更年期障害の人が増えてきています。

プレ更年期とは、40歳前後の女性が本来の「更年期障害」に似た症状に悩まされているケースを言います。

プレ更年期の原因は、緩やかな卵巣機能の低下に加え、知らず知らずのうちに溜まってしまったストレスで、自律神経が乱れることで更年期障害に似た不快症状を引き起こします。

いずれも、不規則な生活習慣やストレスの度合いによって、その症状が大きく異なります。

まとめ

更年期の不快症状を改善するには、規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事、適度な運動、ストレスを溜め込まないなどを意識し過ごすことが大切です。

それと、何か楽しみを見つけると精神的に随分と楽になれるような気がします。

誰もが同じように通る更年期も、考え方ひとつで上手にやり過ごすことができるはずです。

スポンサーリンク




コメントを残す