隠れ肥満は女性に多い⁈あなたの体脂肪率は30%以上ですか?

スポンサーリンク




一見すると太っているように見えない、むしろ痩せている。

体重は変わらないのに体脂肪率は高め、お腹周りにはぷくぷくお肉がしっかりついている。

そんなあなたは隠れ肥満の可能性が高いですよ。

隠れ肥満とは

身長と体重から算出しているBMI値では、痩せ型、標準と判定されていたとしても、体脂肪率が男性では25%以上、女性で30%以上あれば、それは立派な隠れ肥満です。

同じ身長、同じ体重の人でも、一方は体脂肪率20%、もう一方は体脂肪率30%という場合、後者は明らかに隠れ肥満ということになります。

隠れ肥満の原因

ダイエットをしてリバウンドを繰り返している
過度の食事制限によるダイエットや、単品ダイエットなどの不規則な食事を続けていると、栄養バランスが崩れ脂肪を溜め込むようになります。

特にたんぱく質が不足すると、自分の筋肉を分解して不足分を補おうとするので、体脂肪の割合が増えてしまいます。

運動不足
運動不足は筋肉量を減らし脂肪を増やしてしまう大きな要因のひとつです。

ストレス
ストレスにより自律神経のバランスが崩れると、体が脂肪を溜め込もうとするため、内臓脂肪が増える原因になります。

また、食べることでストレスを発散しようとすれば、必然的に脂肪を溜め込むことになります。

隠れ肥満を放置する危険性

見た目が太っている人は、「自分は太っている」と自覚していることが多く、仮に高血圧や高脂血症などの症状があった場合、太っていることが原因だと認識して、何とか改善しようとしますね。

ところが隠れ肥満の人は、「自分は太っている」という自覚がないため、実際には肥満状態であるにもかかわらず長期間放置してしまうことになります。

すると、高血圧、高脂血症、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などの病気を引き起こす原因となり、気づいた時には遅かったということにもなりかねません。

隠れ肥満の改善方法

隠れ肥満を改善するには「体脂肪を減らすためのダイエット」が必要です。

体脂肪を減らすには、低カロリーで栄養価の高いバランスの取れた食事に加え、筋肉をつけ基礎代謝をアップするダイエットが必要になります。

脂肪を燃焼して筋肉を増やすには、ウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的です。

1回30分以上の運動を、週3日以上続けてみましょう。

ボクシングなどはストレス解消にもなり、一石二鳥の効果が期待できます。

運動の苦手な人は、何かをしながら簡単なエクササイズをしてみる、ということから始めてみるのもいいかも知れませんね。

例えばテレビを見ながらダンベル運動とか、歯磨きをしながらスクワットとか、デスクワークをしながら腹筋とか・・・

まとめ

見た目は太ってなくても、体脂肪率が男性25%以上、女性30%以上あれば「隠れ肥満」です。

隠れ肥満の原因はダイエットをしてリバウンドを繰り返していたり、過度の食事制限によるダイエットや単品ダイエットなどにより栄養バランスが崩れ体が脂肪を溜め込んでしまうことにあります。

また、運動不足も筋肉量を減らし脂肪を増やしてしまう要因のひとつです。

更にストレスにより自律神経のバランスが崩れることで、体が脂肪を溜め込むようになります。

食べることでストレスを発散させようとすれば、必然的に体に脂肪が蓄積されてしまいます。

隠れ肥満と知らずに放置していると、高血圧、高脂血症、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などの病気を引き起こす原因となります。

隠れ肥満を改善するには、低カロリーで栄養価の高いバランスの取れた食事に加え、筋肉をつけ基礎代謝をアップするダイエットが必要です。

脂肪を燃焼して筋肉を増やすには、ウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的です。

運動の苦手な人は、何かをしながらエクササイズをしてみるといった、日常生活に簡単に取り入れられる方法で試してみましょう。

 

スポンサーリンク




コメントを残す