緑茶の健康効果が凄過ぎる?習慣にしたい緑茶健康法

スポンサーリンク




科学的に立証されているという緑茶の健康効果が凄過ぎる?

あなたはコーヒー派ですか?
それともお茶派ですか?
あなたがお茶派だとして、1日どれくらいお茶を飲んでしますか。

知ってましたか、緑茶を飲んでいれば薬なんて要らないんじゃないの?と思うほどの健康効果があることを。

そして緑茶の健康効果が高いとされているのには訳があります。

緑茶はウーロン茶や紅茶と違い、お茶の葉を発酵させずに作ります。

そうすることで、健康に良い生葉の成分をそのまま残す事ができるのです。

緑茶の抗酸化効果はビタミンEの10倍?

私達が日々の生命維持活動をする中で、どうしても発生してしまうのが活性酸素です。

そして、病気の約8割はこの活性酸素が原因と言われています。

体内で有害物質をつくり老化や動脈硬化、脳卒中や心筋梗塞の危険を高めてしまいます。

活性酸素はDNAを傷つけ、突然変異の遺伝子を作ることもあります。

これが細胞のガン化を促す原因になってしまうのです。

ここで抗酸化効果が、ビタミンEの10倍あると言われている緑茶の効果が発揮されるというわけです。

緑茶の凄過ぎる健康効果とは?

ガン予防には緑茶が一番
緑茶に含まれているポリフェノールとカテキンが細胞のガン化を防ぎ、ビタミン類が発ガン物質の作用を抑えます。

インフルエンザにも効く
緑茶の殺菌力がウイルスを撃退する。

虫歯を予防する
緑茶に含まれるフッ素が歯を強くし、同じく緑茶に含まれるタンニンには殺菌作用があり虫歯を予防する。

血圧上昇を抑制する
・緑茶には血圧上昇物質の生成を邪魔する作用があり血圧上昇を抑える。
・善玉コレステロールを増やし動脈硬化を防ぐ。

血糖値上昇を抑制する
緑茶を1日6杯飲んでいる人は糖尿病のリスクを3分の1に低減できるとの研究結果がある

口臭を予防する
・食後に緑茶を飲むことで口の中を洗い流し、細菌の繁殖も防ぐ。
・緑茶の香りが口臭のもととなる臭いを消してくれる。

食中毒を予防する
・緑茶は食中毒の原因の40%を占める腸炎ビブリオ菌には特に強い殺菌力がある。
また、毒素型ブドウ球菌やコレラ菌にもその殺菌力は有効とされている。

ダイエットにも効果がある
緑茶を1日5杯飲むことで、体脂肪の燃焼効果を高めることができる。

免疫力をアップする
緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があり、ウィルスを撃退する。

記憶力を向上させる
新しい脳細胞の成長を活性化して、記憶力や学習能力を向上させる。

ストレス解消
日本茶にはストレスを和らげてくれるビタミンCが豊富に含まれているので、ストレスを解消するのにとても有効である。

二日酔いを予防する
お茶に含まれるカテキンには胃の粘膜を保護する働きがある。
カテキンで胃を守り、二日酔い、悪酔いを防ごう。

最後に

いかがでしたか。

緑茶の健康効果はホント凄いですよね。

これだけ数多くの健康効果を知ったら、毎日の習慣にしない理由はもはやありませんね。

緑茶を飲んで健康生活を送りましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す