玉ねぎの栄養と最も効果的な食べ方とは?

スポンサーリンク




玉ねぎと聞くと、「血液がサラサラになって体に良いんだよね」とその働きをご存知の方も多いのではないでしょうか。

ですが、調理の仕方によって、その働きが発揮されなくなってしまうことを知っているかたは、意外と少ないかも知れませんね。

そもそも玉ねぎにはどんな栄養があって、何が体に良いのか、最も効果的な食べ方とは何なのでしょうか。

そのあたりについて、詳しく見てみましょう。

玉ねぎの栄養・働き

硫化アリル
・血栓を溶かして血液をサラサラにする
・ビタミンB1の吸収を促す
・善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす
・免疫力を高める
・殺菌作用がある
・疲労回復効果がある

玉ねぎを切っていると、目に染みて涙が出ますよね。

あの刺激成分のことです。

代表的な働きとしては血栓予防がありますが、免疫力を高め発ガン物質の生成を抑える効果も期待できます。

また、人間が食べても特に問題の無い程度の毒性がありますが、犬や猫などのペットは、硫化アリルを分解する酵素を持っていないので注意が必要です。

タマネギ中毒を起こし、貧血や黄疸などの症状が現れてしまいます。

硫化アリルを多く含む食品として他には、にんにく、らっきょう、にらなどがあります。

ケルセチン
・抗酸化作用がある
・抗ガン作用がある
・ビタミンCの吸収を助ける
・脂肪の吸収を抑える
・抗炎症作用がある
・高血圧や動脈硬化を予防する
・ボケ防止・記憶障害を改善する
・腸内環境を改善する
・皮膚バリア機能の強化作用がある

など数多くの働きがあり体にいいのですが、これらの効果を期待して玉ねぎを食べようとした場合、毎日三食大量の玉ねぎを食べなければならず、現実的ではありません。

さらに、ケルセチンは玉ねぎの皮、それもレッドオニオンとイエローオニオンにのみ含まれています。

ケルセチンを含む食品として他には、ほうれん草、青シソ、パセリ、りんご、ブロッコリー、赤ワインなどがあります。

オリゴ糖・イソアリン・各種ミネラル
・整腸作用がある
・免疫力を高める
・血栓をできにくくして動脈硬化を予防する

メラノイジン
・ダイエット効果がある
・抗酸化作用がある
・便秘を改善する

玉ねぎにはこのように健康にも、美容にも嬉しい栄養成分がたくさん含まれています。

そうは言っても、食べ過ぎると「体臭やおならが臭くなる」ことがあるそうです。

食べ過ぎたと思ったら、りんごやヨーグルトなどの消臭効果の高いものを食べるといいでしょう。

また生で食べ過ぎると、人によっては胃を痛めてしまうことがあります。

自身の体質を考え、加熱するなどして食べるようにしましょう。

玉ねぎの効果的な食べ方

生で食べる
血液をサラサラにする働きのある硫化アリルを効果的に摂るには、生で食べるのが1番です。

切った後に15分ほど放置させることで、栄養が安定し硫化アリルを増やすことができます。

ここでポイントですが、水に長くさらしてしまうと硫化アリルが溶け出してしまうので、サッと水にさらす程度にとどめましょう。

ただ、このままだと辛くて食べにくいですよね。

生で美味しく栄養を損ねずに摂る方法としては酢玉ねぎがおススメです。

材料
・玉ねぎ:1個
・酢:玉ねぎが浸る程度
・塩:ひとつまみ
・ハチミツ:大さじ3

作り方
・玉ねぎを薄くスライスして容器に入れる
・残りの材料を入れて蓋を閉め、冷蔵庫で3日位保存したら完成

ビタミンB1を含む食品と一緒に食べる
疲労回復効果のある硫化アリルを効果的にとる方法として、ビタミンB1を含む食品と一緒に食べることで、その効果はさらにアップします。

ビタミンB1を多く含む食品としては、豚肉、うなぎ、大豆、かつおなどがあります。

褐色になるまで炒める
玉ねぎを加熱すること出てくるメラノイジンは中性脂肪やコレステロール対策として有効な他、ダイエットにも効果があります。

お茶やだし汁として使う
皮に含まれる成分を摂りたい場合はお茶やだし汁として使うようにします。

よく洗った玉ねぎの皮を20分ほど煮詰め、煮干しを加えてだし汁として使ったり、お茶として飲んでもいいでしょう。

まとめ

玉ねぎには、このように沢山の効果があり、調理方法によって、それぞれの効果を効率良く得ることができます。

ダイエットしたいのか、疲労回復したいのか、美容効果を得たいのかなど、その目的によって調理方法を変え、より効果的に摂るようにして下さいね。

スポンサーリンク




コメントを残す