舌を見ればわかる病気のサインとは?

スポンサーリンク




あなたは、ご自分の舌をじっくりと見たことがありますか?

あなたの舌はどんな色や形をしていますか?

漢方では舌を見れば体調がわかるということで、舌診と呼ばれる診断方法があるそうです。

舌診は鏡ひとつで誰でもその気になれば、いつでもどこでも行うことができます。

舌を見て大まかな体調を把握することで、日常的な不調はもちろんのこと、大きな病気のサインをも見逃さずに対処できるようになれば、まさに自分が自分の主治医のようですよね。

では実際に舌を見ることで何がわかるのでしょうか。

舌診でわかること・ポイント

舌診では舌本体の舌身(ぜっしん)とそれを覆う舌苔(ぜったい)を見て診断します。

舌を見るポイント
・舌の色
・舌の形や状態
・舌苔の色や状態
・舌裏の静脈

舌身を見てわかること
・カラダが熱いか、冷えているか
・栄養状態
・内臓の働き

舌苔を見てわかること
・胃腸の状態
・病気の進み具合
・病気の深さ

舌診時に注意すること
・毎日同じ時間帯に行う(一番舌の状態が自然で、より正確な体調を把握しやすい朝一番、歯磨きをする前がおススメ)
・毎回同じ環境(自然な明るさであること)で行う
・食事の前に行う(食事により舌の状態が変わってしまうため)

これらを踏まえて、具体的にどんな舌が健康で、どんな舌の状態であれば体調が悪いのかそれぞれについて見ていきましょう。

舌の色は?
ピンク色・・・健康
白っぽい・・・鉄分不足による貧血
赤い・・・発熱、血液中の水分の減少
黄色っぽい・・・消化器系の不調
紫や黒っぽい・・・血行障害

舌の形は?
小さくてやせ細っている・・・栄養不足、貧血
大きくて厚みがある・・・水分や脂肪の摂り過ぎ
舌に歯形がついている・・・消化器系の不調、水分の摂り過ぎ
溝がある・・・栄養不良、粘膜再生力低下

舌苔の状態は?
薄く白い・・・健康
厚く白い・・・胃腸の働きが悪くなっている、風邪などの感染症の初期
黄色い・・・胃腸に熱がこもっていて弱っている状態、カラダの抵抗力が低下している状態
黒い・・・黄色い状態から更に熱がこもった状態、逆に冷えすぎている状態で何らかの病状がかなり進んでいる状態

但し、体質でもともと舌苔の黒い人や、服用する薬の影響により黒くなっていることもある。

舌苔ケアをする場合のポイント

口内環境を整えようと、歯磨きはもちろん、舌磨きを行っている方も多いと思いますが、いくつかポイントがあるのでご紹介します。

1日1回、朝起きた時に行う
過ぎたるは及ばざるが如しで、これ以上やり過ぎると舌の表面にある味を感じるセンサーを傷めてしまうため

朝の口の中の状態は、睡眠中に増殖した口内細菌でいっぱいで、口臭も朝が一番キツイ

朝起きた時に行うことが舌苔ケアには適している

ブラシは奥から手前への一方通行で
ブラシを往復させてしまうと、折角かき出そうとした汚れまで、奥へ追いやってしまうため

優しく磨く
ゴシゴシと強い力で磨いてしまうと、舌の粘膜や味を感じるセンサーを傷つけてしまうため

優しく磨いているつもりでも、知らず知らずのうちに力が入り、舌がヒリヒリしてくるようなことがあった場合は、ヒリヒリ感のなくなるまで舌磨きは中止すること

水だけで磨く
水だけでも十分に汚れを落とすことができるため

舌磨きのポイントはやり過ぎないこと

まとめ

舌を見るだけで、自分の体調がわかるなんて手軽で簡単ですよね。

毎日舌を見て、風邪気味だなあとか、胃の調子が悪いなあとわかれば、早いうちに体を休めたり、消化の良い物を食べたり、サプリメントを摂ったりして対処できるのですから、是非毎日の習慣にしてみてください。

スポンサーリンク




コメントを残す