子供の偏食に悩むママへ!子供の野菜嫌いの理由と治し方

スポンサーリンク




子供が極度の野菜嫌いで野菜をほとんど食べない、すりつぶして料理に混ぜると食べるけれど、野菜が入っているとわかるともうダメ・・・

どんなにお腹が減っていても野菜だけは食べない。

「健康にすくすくと育ってほしい」と願う親の気持ちとは裏腹に、子供が野菜嫌いで偏食がひどいと心配になりますよね。

成長期に必要な栄養が摂れないと、身長が伸びないのでは・・・とか、脳の発達に影響があるのではなど悩みがつきません。

でも、子供が野菜嫌いだと悩んでいるのはあなただけではなく、多くのお母さんが抱えている悩みなのです。

ということは子供とはそもそも野菜が嫌いなものなの?

そんな疑問がわいてきました。

ここからは、子供はなぜ野菜が嫌いなのか、治すにはどうしたらいいのか・・・という2点についてご紹介します。

子供が野菜を嫌いな理由を知れば効果的な治し方もわかるというもの。

ぜひ参考にしてみてくださいね~(^^♪

子供が野菜嫌いなのは仕方がない!それってどういうこと?

・野菜の見た目や匂いから本能的に食べるのは危険だと感じている
・味覚が未発達なために苦みや渋みの強い野菜を美味しいと感じられない
・成長過程にある内臓や歯にとっても食物繊維の多すぎる野菜は食べづらい
・家族が野菜嫌いだと食べたことがないために「食べず嫌い」になりやすい

それぞれについて見ていきましょう。

野菜の見た目や匂いから本能的に食べるのは危険だと感じている
食べた時に苦かったり渋かったりすると、「食べられないんじゃないの?」このまま食べたらお腹をこわしてしまうかも・・・

すっぱさも同じで「腐ってるんじゃない?」気持ち悪くなって吐いたりしたらいやだな・・・

子供はこんなふうにして誰に教わったわけでもなく、本能で食べていいものと悪いものとを分けているのです。

味覚が未発達なため苦みや渋みの強い野菜を美味しいと感じられない
5つある味覚(塩味・甘み・酸味・辛味・うまみ)のうち、早いうちに発達し好まれるのが塩味・甘み・うまみの3つで、子供にも基本的に好まれる味です。

それに対して野菜の苦みや渋みなどは、味覚が未発達で慣れていないこともあり美味しさを感じられません。

子供が成長する過程で様々な刺激を受けながら発達していくので、ある意味仕方のないことかもしれないですね。

成長過程にある内臓や歯にとっても食物繊維の多すぎる野菜は食べづらい
食物繊維が多く大きく切りすぎたり硬すぎたりする野菜は、成長過程にある子供の内臓や歯にとっては負担がかかり、とても食べづらいものです。

柔らかく煮込んだり美味しく食べられるような工夫をしてみましょう。

家族が野菜嫌いだと食べたことがないために「食べず嫌い」になりやすい
親や家族が野菜嫌いで野菜を食べる習慣が少ないと、食べたことがないために「食べず嫌い」をしている場合があります。

人には様々な経験を物事の良し悪しなどの判断材料にしていく傾向があります。

経験していないものには、どうしても消極的になってしまいます。

人が成長していく上で様々な経験は必要不可欠です。

食べたことのない物を食べるという経験も子供にとっては大きな経験になり、「実際に食べてみたらおいしかった」と好奇心を刺激して、知らないことへの恐れをなくすきっかけにもなります。

野菜の食べず嫌いをしている子供には野菜について知ることから始め、おいしい野菜の食べ方を教え経験させてあげましょう。

まとめ

子供が野菜嫌いなのは、味覚が成長段階で苦みや渋みをおいしいと感じられないためです。

食べたことがない野菜は食べず嫌いになっていることもあるので、野菜を知ることが始め興味を持たせてから食べさせてみます。

食物繊維の豊富な野菜は子供の歯や内臓への負担を軽くするためにも、小さく切ったり柔らかくして食べやすくすることがポイント。

子供の野菜嫌いを治そうと焦る気持ちもわかりますが、無理強いするのではなく少しでも食べることができたら、まず思いっきり褒めることから始めてみましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す