ノロウイルス感染!覚えておきたい感染時に楽になる方法とは?

スポンサーリンク




冬に多発するノロウイルスによる感染性胃腸炎は、強い感染力が特徴で年齢に関係なく感染・発症します。

特に抵抗力のない乳幼児や高齢者の場合は、感染すると重症化しやすいため注意が必要です。

流行期は11月~2月頃ですが、乾燥や熱に強く長期の生存が可能なことから、1年を通して発症します。

1度感染しても長期的な免疫力がつかないので、何度でもかかってしまいます。

そんなノロウイルスの感染経路やもしも感染してしまったらどうすれば症状が楽になるのかについて、ご紹介したいと思います。

ノロウイルスはこうして感染する!

感染力の非常に強いノロウイルスですが、具体的な感染経路について見ていきましょう。

・人から人へと感染する
・人から食品、食品から人へと感染する
・食品から人へと感染する

それぞれについてご説明します。

人から人へと感染する
ノロウイルスに感染している人の嘔吐物や便の中に含まれるノロウイルスが手を介して口から感染したり、嘔吐物の飛沫により感染したりします。

人から食品、食品から人へと感染する
食品を扱う人の手に付着したウイルスが食品につくことにより、それを食べた人が感染する場合があります。

食品から人へと感染する
ノロウイルスはカキやアサリなどの二枚貝の内臓部分に存在しており、生で食べたり、加熱が不十分だったりすることで感染します。

強い感染力を持つノロウイルスに感染しないためには、徹底した手洗いと患者との接触をできるだけ避けることが大切です。

患者の嘔吐物を処理するときも、十分な換気を行いながら使い捨てマスクや手袋を使うようにしましょう。

食品は十分に加熱することでウイルスを死滅させることができます。

調理器具の小まめな消毒や生野菜を丁寧に洗うことなども、ノロウイルス対策としては有効な方法です。

ノロウイルスに感染してしまったら・・・症状を楽にする唯一の方法

つらい嘔吐や下痢症状が特徴のノロウイルスによる感染性胃腸炎。

予防する薬も特効薬もないのが現状で、もしも感染してしまったら対症療法でしか乗り切る方法はありません。

対症療法とは病気の根本的な治療を行うものではなく、あくまでも症状を緩和して楽にする方法です。

比較的症状が軽い場合は、水分補給をしながら安静にして体の中からウイルスが排出され、症状が緩和されるのを待ちます。

水分補給としておすすめなのは経口補水液です。

糖分を多く含むスポーツ飲料は飲みすぎると、急性の糖尿病になる危険性があるので注意が必要です。

水分を摂っても飲むたびに吐いてしまったり、下痢による脱水症状が見られたリする場合は、病院へ行き点滴などの適切な処置を受けるようにしましょう。

主な脱水症状としては頭痛やめまい、意識障害があります。

自分で思うように水分が摂れていないと感じ、感染性胃腸炎による吐き気や下痢以外の症状があるときは、特に注意が必要です。

このようにノロウイルスによる感染性胃腸炎を防ぐ薬も、治療する薬もないため、感染しないような生活習慣を送ることが大切なのです。

まとめ

ノロウイルスは感染力が強く自然環境でも長く生きることができます。

様々な感染経路により感染する可能性があり、感染してしまった場合でも治療法がないのが現状です。

現時点での効果的な対症療法としては、吐き気や下痢による脱水症状にならないよう水分補給を心がけ、安静にして症状が回復するのを待つことです。

感染を拡大させないためにも不要な外出を避けたり、罹患者への必要以上の接触を避けたりすることが大切です。

日頃から感染予防のためのうがいや栄養バランスの良い食事、十分な睡眠を取るなどして免疫力を低下させないようにしましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す