イライラが限界で爆発しそう!イライラ続きの人生にさよならする方法

スポンサードリンク

「なぜ自分はいつもいつもイライラしてばかりいるのだろう・・・」

イライラがイライラを呼び、まるで雪だるまのようにイライラが大きくなっていく。

そんな経験はありませんか?

イライラが限界で今にも爆発しそうだというあなたに、イライラの原因と爆発する前にするべき対処法についてご紹介します。

「年を取ると人間は丸くなる」は嘘?イライラがひどくなる原因は?

「年を取ると人間は丸くなる」とよく聞きますが、中には年を取るにつれイライラ度合が強くなっているというかたもいらっしゃいますね。

世の中にはよくイライラする人とイライラしない人がいて、両者の決定的な違いは何だろうと考えれば、自ずとイライラへの適切な対処法がわかるはずです。

イライラする人の特徴としては、人や物事、自分自身に至るまですべてをコントロールしたいと思っています。

どういうことかというと、まず夫婦や恋人、同僚などに対して自分の価値観を押し付け、同じ価値観で動いてほしいと期待します。

ところが生まれた環境も生活してきた環境も違う相手に、同じ価値観でいてほしいと思うこと自体しょせん無理なことなのです。

物事についても同じです。

イベントの幹事を任され計画を立てたのに思い通り進まなかったり、恋人と旅行に行く約束をしていたのに事情があって行けなくなったりなど、自分の思っていた通りに物事が進まないことでイライラしてしまいます。

挙句の果てには自分自身をも思い通りにしたいと考えていて、みんなできているのに自分はできないという場面でイライラします。

逆にイライラしない人というのは、それらをコントロールすることはできないとわかっていて、考え方に柔軟性があります。

計画通りに物事が進まなかったら、他の選択肢を考えたり、いかにロスなく進められるかを改めて考えます。

思い通りに動いてくれない相手には別のアプローチ法を考えたり、相手によっては「この人はこういう人なんだ」と割り切って考えたり・・・

みんなができるのに自分ができないのは、自分の努力が足りないのだと言い聞かせできるように努力します。

イライラする人はイライラしない人の考え方に学ぶ必要がありそうですね。

イライラの限界で爆発する前にすべきこととは?

イライラしないための理屈はわかったけれど、考え方や感じ方を急に変えることはなかなかできませんよね。

そこでイライラが爆発する前に上手に感情を抑えて、イライラをやり過ごす簡単な方法についてみていきましょう。

・深呼吸する
・紙に書き出す
・運動をする
・休憩する
・十分な睡眠をとる
・好きな音楽を聴く

深呼吸する
イライラしたときにイライラに任せて言葉を口にしてしまうと、後々人間関係がギクシャクしたりする可能性もあります。

イライラするな~と思ったら深呼吸を何回か繰り返してみてください。

思った以上に効果のあることを実感できると思います。

紙に書き出す
自分は何にイライラしているのかを思いつくまま紙に書き出してみましょう。

書いているうちに「こんなことでイライラしてるの?何で?」と冷静になれることもあります。

運動をする
体力に対して少し負荷の高い運動をすることがポイントです。

理由は運動以外のことを考える余裕がなくなるからです。

休憩する
イライラしているときは心身ともに疲れがたまっていることが多いため、時間を決め休憩するようにしましょう。

十分な睡眠をとる
人は睡眠不足になると脳の防衛本能を司る偏桃体がストレスホルモンを分泌して体を緊張状態にしてしまいます。

この状態が続くとイライラや自律神経失調症、うつなどの病気の原因になります。

イライラ予防として睡眠をしっかり取ることが大切です。

好きな音楽を聴く
好きな音楽を聴くことでリラックスして心を落ち着かせることができます。

普段から日常生活の中に好きな音楽を取り入れることで、イライラ予防にもなりそうですね。

イライラを解消する方法については、ご自分のライフスタイルに合わせてできそうなものから試してみてください。

まとめ

イライラは何でも自分の思い通りにしたいと考え、期待した通りの結果にならならいことで発生する感情です。

人はそれぞれの価値観で生きていて、自分の価値観に無理やり合わせることはできないと認識しましょう。

計画通りいかないことも違った視点で考える柔軟性をもつことで、イライラが少なくなります。

1度きりの人生をイライラしながら過ごすのと穏やかな気持ちで過ごすのとでは、充実感や幸福感に大きな違いが出てきてしまいます。

もちろん穏やかな気持ちでいられないときは誰にでもあると思います。

そんなときでも自分自身をいたわりながら、上手にイライラなどのマイナスの感情とつき合っていきたいものですね。

イライラの原因には病気によるケースもあるので、あまりにも長く続くような場合は専門医の診察を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す