睡眠の質は人をポジティブにもネガティブにもする!睡眠の重要性

スポンサーリンク




毎日忙しく睡眠不足が続いている、もしくは十分寝ているはずなのに疲れが取れない・・・

あなたはそんな症状に悩んではいませんか?

一時的な睡眠不足なら、その後しっかりと眠れれば問題ありませんが、慢性的に続いているとしたら要注意です。

特に日々激務に追われるビジネスマンなどは、この場を乗り切れば・・・という短期的な思考で睡眠時間を削り、結局、その繰り返しで慢性的な睡眠不足だというかたが少なくないようです。

初めは気力や栄養ドリンクなどでごまかしがきいても、いずれ大きなつけが回ってくることは必至です。

単純に十分な睡眠時間を確保していればいいというものでもなく、質の良い睡眠を取ることがとても重要なのです。

睡眠の質でポジティブにもネガティブにもなる、日々の様々なパフォーマンスの良し悪しが決まると言っても過言ではない、睡眠の重要性について見ていきましょう。

睡眠の質で人生が決まる!思考を左右する睡眠の重要性とは?

私たち人間は何のために眠るのでしょうか?

睡眠には脳や体の疲れを回復させたり、成長を促したり、健康を維持したりするという重要な役割があります。

起きている間に膨大な情報処理などで酷使されている脳は、睡眠によって休息し翌日の活動エネルギーを蓄えることができます。

体にたまった疲労物質である乳酸は眠り体を休めることで処理されます。

成長を促す成長ホルモンは睡眠時にしか分泌されません。

成長ホルモンは成長期はもちろん、大人になってからも細胞の修復機能により皮膚を若々しく保ってくれます。

睡眠には交感神経と副交感神経からなる自律神経に休息を与え、バランスを整える働きがあります。

このように睡眠には私たち人間が、健康で活動的に生きるためには欠かせない重要な役割があるのです。

睡眠不足や質の悪い睡眠をとり続けることで待っている未来とは?

仕事やプライベートにと忙しかったりすると、つい睡眠に対する優先後を低くしてしまいがちですが、睡眠不足や質の悪い睡眠を続けているとどうなるのでしょうか。

まず脳の疲れが回復されることなく蓄積されていくため、集中力や判断力、記憶力が低下します。

ストレス耐性が下がるために感情コントロールが難しくなり、イライラしたり怒りっぽくなったりします。

ストレスをうまく解消することができず、下痢や便秘、自律神経失調症、不眠症やうつなどを発症することも。

成長ホルモンの分泌が減るため、細胞の新陳代謝が悪くなりしわやたるみなど老化が進行します。

体に疲労物質がたまっていくため、翌朝になっても体がだる重いと感じやすくなります。

睡眠不足になると肥満ホルモンが多く分泌されるようになり、食欲が増し太りやすくなります。

普段はポジティブ思考だというかたでも睡眠不足や質の悪い睡眠を続けていると気づけばネガティブに思考になっていた・・・ということさえありうるのです。

このように睡眠不足を含め質の悪い睡眠が与える影響は、心身共に及ぶため早急に改善する必要があるのです。

睡眠の質を上げるための効果的な方法

睡眠の質を上げるには、朝日を浴びたり、寝る前にはリラックスできる環境に身を置いたり、適度な運動をしたりするようにしましょう。

中でも朝日を浴びる方法は、睡眠の質を改善するのにとても効果的な方法です。

朝起きたら意識して朝日を浴び、質の悪い睡眠習慣を思い切って断ち切りましょう。

まとめ

日々忙しいとつい睡眠時間を削って慢性的な睡眠不足だというかたが少なくありません。

でも慢性的な睡眠不足や質の悪い睡眠習慣が及ぼす健康への影響は大きく、心当たりのあるかたはすぐにでも改善する必要があります。

逆に言えば質の良い睡眠をとることで、前向きな考え方や活力に満ちた体を維持でき人生における充実感が高まります。

人生における様々なパフォーマンスアップのためにも、ぜひ質の良い睡眠を心がけていきましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す