節分は2月だけじゃない!年4回ある節分の真実とは?

スポンサーリンク




年が明け仕事や勉強、プライベートにと気持ちを新たに過ごしていたかと思うとあっという間に節分ですね。

節分と言えば2月3日だけだと思われがちですが、実は年4回もあるというので、「じゃあいつといつなの?」と気になり調べてみました。

年4回ある節分っていつ?2月が重要視されるわけは?

「節分」とは読んで字のごとく季節を分けるという意味で、本来は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」それぞれの前日のことを言います。

でも節分と言えば2月3日だという意識が浸透していて、実際に重要視されているのはなぜなんでしょうか?

それは旧暦を基準にして立春が1年の始まりだと考えられていたからなんだとか・・・

新しい年を迎えることが最も重要だという考えは、いつの時代でも変わらないということですね。

立春が1年の始まりだとした場合、節分は大みそかだということになり、その年の厄を祓うという意味でもとても大切な日とされていました。

今でも「節分」を年越しだと考えている地方があるそうです。

節分はどうやって過ごす?

節分と言えば「鬼は~外」「福は~内」と言いながら鬼をめがけて豆を撒くのが定番ですよね。

最近ではその年の吉方位を向いて恵方巻を食べるのが定番になりつつあるようですが、私の小さい頃はそんな習慣はなかったよなあ~と思う今日この頃です。

ということで本来の節分の過ごし方について見ていきましょう。

・節分の準備
節分は季節の変わり目に生じる邪気を払い、1年の無病息災を祈るためのものです。

準備として撒かれた豆を後々拾って食べられるくらいに家の中や外をきれいに掃除します。

掃除の後は節分用の飾りつけを行います。

一般的なのは焼いた鰯の頭を柊の小枝にさした柊鰯(ひいらぎいわし)で、鬼を寄せ付けない魔よけの役目があると言われています。

・豆まき
豆をまくときは恥ずかしがらずに大きな声でまくようにしましょう。

大きな声でまくことで鬼が逃げていきやすくなると考えられているからです。

玄関からまき始め、戸を開けて「鬼は~外」と言ってまいたらすぐに戸を閉めます。

次に各部屋に「福は~内」とまいていき、まき忘れのないようにします。

・豆を食べる
豆の食べ方としては、数え年の自分の年齢分だけ無言で食べます。

年齢によって食べきれないというかたは、料理に使うなどして食べてもいいそうです。

・後始末
家の中にまいた豆はその日のうちに片付け、外にまいた豆は翌朝、飾りについても立春のうちに片付けるようにしましょう。

最後に

もともと節分は年に4回あるけれど、2月3日が節分だという意識が浸透しているのは、旧暦の立春が1年の始まりで重要だと考えられていたからだったんですね。

節分の準備や豆のまき方などについても地域による違いがあり、最近になって全国的に定着しつつある恵方巻は、関西地域の習慣なのだそうです。

我が家の節分は逃げ回る鬼のお面をつけたお父さんめがけて、落花生を投げつけるのが定番です。

今年も厄を祓い家族みんなが元気で過ごせるよう、しっかりとお父さん鬼めがけて豆まきをしようと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す