熊田曜子の割れた腹筋は筋トレの賜物?ママタレ美ボディキープの秘訣

スポンサーリンク




2児の母とは思えない美ボディの持ち主で、2001年のグラビアデビュー以降変わらず活躍を続けている熊田曜子が、どうやってスタイルをキープしているのかが気になります。

2016年末に公表しているスリーサイズはB92・W56・H84、体重48.8Kg、体脂肪率15.1%と思わずため息が出そうなスタイル。

34歳の彼女がやっている美ボディキープの秘訣に迫ります!

熊田曜子の美ボディキープの秘訣は徹底した意識改革にあった?

妊娠で16kgもの体重が増えてしまい、産後も2~3kgしか体重が落ちなかった彼女はダイエットを決意します。

仕事柄きれいに痩せる必要があったことから、そのダイエット法は実に健康的なものでした。

・和食中心の食事で自然にダイエット
体を温めダイエット効果だけでなく、健康維持や美容効果のある根菜類を意識して摂るようにしていました。

・白米を玄米に替え1ヶ月で11kgの減量に成功
白米を玄米に替えたことで少ない量でも満腹感が得られ、わずか1ヶ月で11kgもの減量に成功できたようです。

・薄味スープを子どもと一緒に食べ塩分カット
薄味のスープを作って子どもと一緒に食べることで塩分をカットし、むくみ解消と代謝アップを可能にしました。

・油を徹底的にカットしてカロリーダウン
揚げ物は揚げ焼きにしたり、ドレッシングはかけずにつけたりと徹底的に油をカットしました。

健康的に痩せるためのプロ意識が伝わってくるようなダイエットメニューですね。

それでいてもしかしたら自分にもできるかも・・・と思えるのは気のせいでしょうか?

熊田曜子の体内年齢は実年齢の半分!気になるトレーニング法は?

熊田曜子の体内年齢は実年齢の半分だというから驚きです。

実年齢が34歳なので体内年齢は17歳ということになります。

そんな彼女がやっているトレーニング法についてご紹介します。

・ベリーダンス
ウエストのくびれをつくるにはベリーダンス特有の動きが功を奏しているようです。

・さらしを巻いてジョギング
美しいバストがジョギングなどの運動で崩れてしまわないようにさらしを巻いているのだとか。

彼女の強いプロ意識を改めて感じます。

・赤ちゃんを抱っこしながらスクワット
育児をしながらも時間を無駄にすることなくトレーニングをしているのですね。

・バランスボール
体幹を鍛える上でバランスボールによるトレーニングも欠かせないようです。

・肩甲骨まわし
1日に200回~300回の肩甲骨まわしを行うことで血流を良くします。

血流が良くなれば、しっかりとバストまで必要な栄養を届けることができるため、豊かでハリのあるバストへと近づけます。

・毎日体重を計る
体重を毎日計ることでダイエット中であることを再認識でき、セルフコントロールやモチベーション維持にも役立ちます。

・酵素ドリンクダイエット
より効率良くダイエットをしようとするなら、酵素を取り入れるのも効果的な方法のひとつです。

ざっとこれらのダイエットメニューを見て、流石はグラビアで活躍し続けるだけのことがあるなと思いました。

健康的できれいに痩せるための努力は嘘をつかないということですね。

最後に

熊田曜子の美ボディをキープする秘訣は、体に負担のない健康的ないくつものダイエット法を組み合わせ、ハードな中にも楽しみながら続けられている点にあると感じました。

彼女のグラビアアイドルとしてのプライドと、見られているという良い意味での刺激が、美ボディをキープする原動力になっているように思いました。

スポンサーリンク




コメントを残す