妊娠中のいびきは何が原因?放置してはいけない理由と対処法

スポンサードリンク

妊娠をしてお腹が大きくなるにつれ、「いびきがうるさい」と夫や家族に言われるようになったという妊婦さんは少なくありません。

出産で入院する際に、いびきのせいで大部屋に入るのは気が引けるとか、妊婦さんのいびきはとても危険なものだという研究結果もあることから、しっかりと対策をしておきたいですよね。

ここからは、妊娠中のいびきの原因や放置してはいけない理由、対処法についてそれぞれ見ていきましょう。

妊娠中のいびきの原因とは?

もともと女性は男性に比べて、いびきをかきにくい体質だと言われています。

これはエストロゲンなどの女性ホルモンの働きによるものです。

妊娠を機にいびきをかくようになったり、ひどくなったりすることはけっして珍しいことではありませんが、母体や胎児にも悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

女性は妊娠するとなぜいびきをかきやすくなるかといえば、体重の増加に伴い首周りやのどなどに脂肪がつき、舌が太くなるためです。

その結果、空気の通り道である気道が圧迫され狭くなり、いびきを生じさせたリ、さらにひどくなったりするのです。

妊娠中のいびきを放置してはいけない理由

「妊娠したらいびきをかくようになったんだから子どもを産んでしまえば治るんじゃないの?」と安易に考えてはいけません。

妊娠中のいびきは、母体だけでなく胎児にまで大きな影響を及ぼしてしまうからです。

妊娠中のいびきの悪影響
流産のリスクが高くなる
いびきをかくということは、睡眠中の体に十分な酸素が行き届いていないということです。

この状態が長く続くと疲れやすくなったり、日中の眠気がひどかったりするなど様々な不調をきたすようになります。

胎児にとっても必要な酸素が不足するため流産のリスクが高くなってしまいます。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)リスクが高くなる
いびきをかかない妊婦さんに比べ、妊娠高血圧症候群のリスクが2倍になるという研究結果があります。

妊娠高血圧症候群が重症化すると、血圧の上昇や蛋白尿、脳出血、腎臓・肝臓の機能障害、胎児発育不全、子宮内胎児死亡などの異常につながります。

妊娠高血圧症候群の詳細はこちらをご参照ください。

妊娠中のいびきの対処法

妊娠中のいびきの対処法としては、横向きで寝るようにしましょう。

また枕の高さを首と体が平行になるように調整したり、抱き枕を使ったりするのも有効な方法です。

妊娠中だからといって栄養の摂り過ぎには十分な注意が必要です。

栄養バランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。

まとめ

妊娠中にいびきをかいてしまう原因は体重の増加で首周りや舌などが太くなってしまうことです。

妊娠中いびきをかき続けていると、睡眠時のからだに必要な酸素が不足して、母体だけでなく胎児にまで大きな影響を与えてしまいます。

対処法としては横になって寝たり、抱き枕を使ったり、枕の高さを調整したりすることで改善することができます。

妊娠中は特に栄養の摂り過ぎには注意して、いびきの予防を心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す