高カカオチョコレートで血糖値対策?効果を実感しやすい食べ方は?

スポンサーリンク




チョコレートが好きで一日に板チョコ2枚はあたり前・・・みたいな生活を続けていると、ふと「糖尿病になったらどうしよう」と心配になることがありますよね。

チョコレートの中でも高カカオチョコレートは血糖値対策としても良いらしいということで調べてみました。

高カカオチョコレートで血糖値対策!効果的な食べ方のポイント

チョコレートの原材料であるカカオには、抗酸化作用のあるカカオポリフェノールが豊富に含まれています。

一般に市販されているチョコレートのカカオポリフェノール含有量は30%ほどで、血糖値対策として有効なのは、カカオポリフェノール含有量が70%以上のチョコレートと言われています。

いわゆるビターチョコレートのことで低GI値食品に分類されます。

「GI値」とは糖の吸収速度を数値化したもので、GI値が高ければ血糖値が上がりやすく、血糖値を下げるために多くのインスリンが分泌されることになります。

インスリンは脂肪をため込むホルモンのため、大量に分泌されればその分太りやすくなります。

そこでポイントになるのが血糖値を急激にあげないようにする食べ方です。

食物繊維の多いもの(低GI値食品)から食べることにより、血糖値の上昇が緩やかになります。

低GI値食品である高カカオチョコレートを食前に食べることで、血糖値の上昇を抑えられます。

チョコレート好きには願ったり叶ったりといった感じですが、普通のチョコレートに比べて脂質が多いため、結局食べ過ぎればエネルギーの摂り過ぎになってしまいます。

高カカオチョコレートで血糖値対策をする場合、食べ過ぎによるエネルギー過多で太ってしまわないよう注意が必要です。

1日に食べる量としては25g程度が適量のようです。

カカオ豆に含まれている「テオブロミン」「カフェイン」は、ココアやお茶、コーヒーなどにも含まれているため、摂り過ぎると興奮したりトイレが近くなったりすることがあります。

幼児や妊婦のかたなどは特に食べない方がよさそうです。

高カカオチョコレートの驚くべき効果・効能とは?

元々チョコレートは現在のような嗜好品(しこうひん)だったわけではなく、カカオ豆をすりつぶした飲み物で薬として使われていました。

このことからもチョコレートが健康に良いというのがわかりますね。

チョコレートには抗酸化物質のカカオポリフェノールのほかにも、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル成分や食物繊維が含まれています。

中でも高カカオチョコレートに多く含まれているため、その効果・効能についてご紹介します。

動脈硬化を予防する
カカオポリフェノールには「エピカテキン」というお茶に含まれるカテキンに構造の似た成分が含まれています。

エピカテキンには善玉コレステロールを増やしたり、血圧を下げたりなどの効果が認められており、動脈硬化を防ぐ効果が期待できます。

ガン予防効果が期待できる
カカオポリフェノールの抗酸化作用により、ガンの原因となる活性酸素を除去するため予防効果が期待されています。

認知症を予防する
脳に多く存在し、記憶力や集中力の維持をするDHAの酸化を防ぐため、その結果として認知症の予防効果が期待できます。

美肌効果
ワインよりも数倍多く含まれているポリフェノールの抗酸化作用により、シミやしわなど肌の老化をを抑制します。

また、紫外線によるダメージを受けた肌を修復する働きもあります。

アレルギーの改善
抗酸化作用により花粉症などのアレルギー疾患にも効果が期待できます。

便秘の改善
豊富な食物繊維が腸の働きを活発にし便秘解消に役立ちます。

ストレスの緩和
ストレスを緩和させ、かつストレスに対する抵抗力を高めてくれます。

まとめ

高カカオチョコレートには様々な美容・健康効果が期待できますが、摂り過ぎることでの副作用も気になります。

高カカオチョコレートの効果に期待するなら、摂り過ぎないよう上手く日常生活に取り入れていくことが大切ですね。

スポンサーリンク




コメントを残す