疲労感を回復させると話題のイミダペプチドを含む食べ物とは?

スポンサーリンク




体調が悪いわけではないのに疲労感が抜けない、仕事以外は必要最低限の外出しかしない・・・というように慢性的な疲労感で悩んでいるかたは少なくありませんね。

疲労感が抜けずに慢性化してしまう原因や、疲労回復に効果があると今話題のイミダペプチドについてご紹介したいと思います。

疲労感を回復させるのに有効なイミダペプチドを含む食べ物とは?

疲労回復に有効な方法はいくつかありますが、その中でも特に有効なのがイミダペプチドを摂ることだと言われています。

イミダペプチドとはアミノ酸がふたつ結合したもので、正式名称をイミダゾールジペプチドと言います。

渡り鳥やマグロ・サケ・サンマなどの回遊魚の特に酷使する部分に多く含まれている成分で、これら動物たちが長時間動き続けるために必要なパワーの源だと考えられています。

イミダペプチドに高い疲労回復力があると言われているのは、疲労の原因となる活性酸素を効率よく抑えてくれるためです。

それは消化吸収の過程で分解されたアミノ酸が、体の中で再合成して酸素消費が多い部位にピンポイントで効果を発揮するという性質をイミダペプチドが持っているからです。

他の抗酸化食品にはないイミダペプチドの優れた点と言えます。

具体的にイミダペプチドを多く含む食品をご紹介しましょう。

・鶏胸肉
・マグロ
・牛肉や豚肉
・羊肉


1日の摂取量として推奨されているイミダペプチドは200mgで、仮に鶏胸肉から摂ろうした場合100g程度になります。

マグロは鶏胸肉の約2倍ものイミダペプチドを含んでいると言われていますが、毎日食べ続けるのはコスト的に厳しいかもしれませんね。

イミダペプチドを多く含みコスト的にも安価な鶏胸肉をメインに、マグロや牛肉、豚肉などを日替わりで摂るのがよさそうです。

さらに無駄なく効果的に摂るならサプリメントという選択肢もあります。

今まで疲労回復に良いというものを色々試してみたけれど、効果を実感できなかったというかたは、1度イミダペプチドを試してみてはいかがでしょうか。

疲労感が抜けない原因は?

疲れは加齢に伴いたまりやすく抜けにくいものですが、最近は疲れを感じている若者も増えていると言います。

では、疲労感が抜けない原因は何なのでしょうか?

疲労感が長く続くような場合、病気の可能性もあるのでしっかり見極めたいですよね。

疲労感が抜けない原因

睡眠不足
睡眠には脳や体を休ませ生命を維持するというとても重要な働きがあります。

ひとは忙しくなると睡眠時間を削る傾向がありますが、慢性的な睡眠不足は脳や体に悪影響を与えてしまいます。

心当たりのあるかたは生活を改善して質の良い睡眠を取るようにしてみましょう。

栄養不足
朝ご飯を食べている時間がないとか、食べたくないなどの理由で朝食を食べずにいると、栄養不足になり活動するために必要なエネルギーが確保できません。

その結果、疲れやすく疲れが取れにくくなってしまいます。

自律神経の乱れ
ストレスがうまく発散できていないと、やがて自律神経にも影響が出始めます。

自律神経が乱れることで体の筋肉が緊張したり、内臓や血管のコントロールがきかなくなり疲れがたまりやすくなります。

パソコンやスマホの使い過ぎ
パソコンやスマホなどの使い過ぎは眼精疲労の原因になります。

また同じ姿勢で長時間使い続けていることで肩や腰などにも大きな負担をかけてしまいます。

糖尿病や慢性疲労症候群などの病気
様々な疲労回復方法を試してみても改善されないという場合、病気の前兆ということも考えられます。

疲労感を放置してはいけない理由

多少の疲れは誰にでもあるもの、慢性的な疲れだから仕方ないなどと疲労感を放置してはいけない理由があります。

疲労感の裏に睡眠時無呼吸症候群やうつ病などの重症化すると大変な病気が原因となっているケースがあるからです。

疲れを感じた時点で休むようにすれば、回復も早く慢性的な疲労を抱えることはまずありません。

つい無理をしがちだというかたは意識して休むことが大切です。

たかが疲れがたまっているだけと放置せずに、自分に合った疲労回復方法を探してみましょう。

それでも疲労感が続くようなら1度専門医の診察を受けることをおすすめします。

まとめ

疲労回復には抗酸化作用のある食品を摂ることが有効な方法のひとつです。

中でもその特徴から他の抗酸化食品よりも効率良く、効果的に疲労を回復させられると話題のイミダペプチドがおすすめです。

イミダペプチドは鶏胸肉やマグロなどに多く含まれていますが、無駄なく摂取するならサプリメントという選択肢もあります。

慢性的な疲れを放置することは、重大な病気が隠れているケースもあるので注意が必要です。

疲労は早め早めの休息でため込まないよう意識してみましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す