むずむず脚症候群が片足だけということも!なりやすい人の特徴は?

スポンサーリンク




むずむず脚症候群とは主に眠っている間に下肢を中心に、むずむずと虫がはうような不快感からじっとしていられなくなり、不眠の原因となる病気です。

その症状が片足だけだったり、人によっては腰から背中、腕など全身に起こったりすることもあります。

原因はなんなのか、どんな人がなりやすいのか、予防法や対策はどうすればいいのかなどについて調べてみました。

 

むずむず脚症候群は下肢だけとは限らない!どんな人がなりやすい?

 

むずむず脚症候群は下肢に症状が見られることが多いのですが、人によっては全身にわたって症状が出ることもあります。

長く続いてしまうと睡眠障害を引き起こし、日中の眠気や疲労感から日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。

そんなむずむず脚症候群になりやすい人とはどんな人なのでしょうか?

むずむず脚症候群になりやすい人の特徴

 

・妊婦
・60~70代の女性
・10歳前後の子供
・女性

 

妊婦

むずむず脚症候群は鉄分が不足することで発症しやすいとされています。

妊娠中期になると胎児の体内では、特に多くの赤血球がつくられるため鉄分が不足しがちになります。

よって妊婦さんはむずむず脚症候群を発症しやすくなるのです。

 

60~70代の女性
病気の合併症として発症する二次性むずむず脚症候群は加齢に伴い増加し、60~70代の高齢者の女性に多く発症しています。

 

10歳前後の子供
親がむずむず脚症候群だとその子供も発症するケースが多いと言われています。

 

女性
むずむず脚症候群に鉄分が大きく関係していることから、男性よりも鉄分消費量の多い女性の方がなりやすいとされています。

むずむず脚症候群になりやすい人の特徴がわかったところで、次からは原因と対策について見ていきましょう。

 

むずむず脚症候群の原因とは?

 

むずむず脚症候群のはっきりとした原因はわかっておらず、原因不明のものを突発性、ほかの病気が原因となって起こるものを二次性むずむず脚症候群とそれぞれ言われています。

突発性むずむず脚症候群の考えられる原因としては、脳内の神経伝達物質であるドーパミンの機能異常や鉄分不足、遺伝があります。

 

二次性むずむず脚症候群の原因となる病気には、糖尿病や鉄欠乏性貧血、慢性腎不全、リウマチ性疾患などがあります。

また、普段飲んでいる薬が原因でむずむず脚症候群を発症することもあります。

 

抗うつ薬や抗ヒスタミン薬、抗精神病薬などの神経伝達をコントロールする薬を常用している場合は注意が必要です。

愛飲されているかたが多いコーヒーやタバコ、お酒などの嗜好品もむずむず脚症候群の誘因となるので飲みすぎや吸い過ぎには注意が必要です。

 

むずむず脚症候群の予防法と対処法

 

むずむず脚症候群を予防するには、原因となるものを徹底的に排除することが大切ですが、原因がはっきりしていない部分も多く難しいのが現状です。

ただ鉄分不足によりなりやすいことはわかっていますから、普段の食生活などで意識して鉄分を多く摂るようにしましょう。

鉄分を多く含む食材は、

・ほうれん草
・ブロッコリー
・レバー
・青魚
・あさり
・プルーン

などです。


また、むずむず脚症候群になってしまったときに症状を和らげるにはどうすればいいのでしょうか。

具体的な方法としては、

・意識して鉄分を摂るようにする
・マッサージをする
・カフェイン飲料やアルコール、タバコを控える
・毎日適度な運動をする

鉄分を意識して摂ることはむずむず脚症候群の予防にも改善にもつながります。

むずむず脚症候群にはじっとしていると症状がひどくなり、動かすと消えていくという特徴があります。

軽くたたいたり、リンパの流れを促すようにゆっくりとマッサージしたりするだけで症状が和らぎます。

毎日の適度な運動もそういった意味では、とても効果的な方法です。

無理なく続けられる程度の軽めの運動をおすすめします。

カフェイン飲料やアルコール、タバコは症状を悪化させてしまいます。

眠りを浅くする作用もあるので、特に夕方以降は出来る限り控えるようにしましょう。

 

むずむず脚症候群は症状がひどくなると、睡眠障害を引き起こし日常生活にも支障をきたすようになります。

さらには「うつ病」を発症する可能性もあります。

・むずむずして夜眠れない
・昼間眠くてだるい
・全然仕事に集中できない
・仕事でのミスが増えた
・長時間の運転がつらい
・やる気が起きない

あなたがもしこんな症状に悩まされていながら何もせずに放置しているとしたら「うつ病」リスクを高めてしまいます。

上記のような対処法を参考にして、むずむず脚症候群の改善に努めましょう。

 

それでも思うように改善されないという場合、むずむず脚専用マッサージクリーム【HQLスムージングマッサージクリーム】

というむずむず脚症候群専用クリームもありますよ。

 

多くのかたが「朝までぐっすり眠れた」「病院の薬の使用回数が減った」など、実感され快適な生活を取り戻しています。

 

たかがむずむず脚症候群と軽く考えずに、日頃から予防法を意識したり、簡単にできる対処法で症状の改善に努めてみてください。

 

まとめ

 

むずむず脚症候群は老若男女問わず誰もがなりうる病気です。

普段から鉄分不足にならないよう食生活に気をつけることはもちろん、適度な運動を心がけ、コーヒーやお酒などを摂り過ぎないようにしましょう。

むずむず脚症候群の原因には特定できないものが数多くあります。

発症後は症状を和らげる方法を試しつつも、症状に変化がなかったり、悪化したりするようであれば専門の医療機関を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す