やる気スイッチ発見のニュースに大きな期待感!場所はどこに?

スポンサーリンク




「自分のやる気スイッチはどこにあるのだろう」
「お金を出して買えるものなら買いたい」

こんな風に、やる気の出ないときは誰にでもあるのではないしょうか。

そこで、やる気が出なくて困っている人たちにとっては、朗報とも言うべきニュースが飛び込んできたのでご紹介しますね。

ニュースによると慶応義塾大ほか共同研究グループが、脳内にあるやる気スイッチを発見したというのです。

大きな期待感を持って詳細について調べてみました。

やる気スイッチは本当にあった!発見の経緯は?

2017年2月2日、慶応義塾大学、北海道大学大学院などで結成された研究グループにより、脳内にあるやる気スイッチが発見されたというニュースが話題になりました。

やる気スイッチが本当にあったなんてビックリ!

気になる発見に至るまでの経緯はこうです。

まず認知症や脳の損傷など脳に障害があると、高い確率で意欲障害が認められるということが実験の背景にあります。

意欲障害とはいわゆる「やる気がない」という状態で、今までは脳のどの部分が障害を受けたときに起こるのかがまったくわかっていませんでした。

今回の発表は、不明だった意欲障害を引き起こす部位の特定に初めて成功したものです。

具体的にどんな実験を行ったかというと、

・意欲障害は脳の線条体という箇所が損傷した場合に最も頻度が高いことに着目
・線条体を構成する細胞集団(D2-MSN)だけに効く毒を発現させるというマウス実験を行う
・正常なマウスとD2-MSNだけに毒を発現させ細胞死させたマウスの意欲評価を行い比較

この実験から、線条体の腹外側と呼ばれる部位に障害を受けると意欲障害が起こることがわかりました。

つまり「線条体の腹外側」がやる気スイッチだったというわけです。

やる気スイッチの発見は今後どう生かされる?

今回のやる気スイッチの発見で、明らかにされていなかった意欲障害の原因となる部位を特定することができました。

研究グループは今後もモデル動物を用いて、意欲障害の治療法や薬剤の研究に取り組んでいくそうです。

まとめ

今回のやる気スイッチの発見は、脳に何らかの障害を受け意欲障害を引き起こしている人を対象にしたものでした。

病気ではなく日常的にやる気が出ないことで悩んでいる人にとっては、ぬかよろこび感があるかもしれませんね。

ボタンを押すようにやる気スイッチを押せたならまさに夢のようですが、医学の進歩には目覚ましいものがあるので大いに期待したいところです。

スポンサーリンク




コメントを残す