汚部屋が与える赤ちゃんへの影響|家中スッキリの簡単ルールとは?

スポンサーリンク




昔から片付けや掃除、整理整頓が苦手で、片付けても片付けてもいつの間にか散らかってしまいます。

もうすぐ子どもが生まれるので、このままではいけないという思いがあるものの、正直どうしていいかわかりません(≧▽≦)

大人だけで生活しているうちは「汚いなあ」で済んでいたとしても、子どもが生まれるにあたり、どうにかしないと・・・と焦り始めるかたが多いようですね。

汚部屋が与える赤ちゃんへの影響や、あることさえ守るようにすれば家中がスッキリできちゃう簡単ルールなどご紹介したいと思います。

汚部屋でも平気だというかた必見!怖すぎる赤ちゃんへの悪影響とは?

小さい頃から散らかっているのがあたりまえで、家の中がごちゃごちゃしていても全然平気・・・というかたは意外と多いようですね。

でも、汚部屋は子どもの心を壊して育児を台無しにしてしまうと言います。

実際にもうすぐ子どもが生まれるというかたや、まさに今育児中だというかたは特に、汚部屋に住み続けることの様々な悪影響について理解し改善してみましょう。

汚部屋が赤ちゃんへ与える悪影響
・赤ちゃんが病気にかかりやすくなる
・ママのストレスが増え育児がうまくいかなくなる
・汚部屋が子どもの心まで蝕むようになる

赤ちゃんが病気にかかりやすくなる
汚部屋にはいたるところにカビの胞子がうようよしていたり、たまったホコリには無数のアレルゲンが含まれていたりと、アレルギーや喘息、最悪ガンを引き起こす可能性さえあります。

抵抗力のない小さな子どもは、大人に比べてこれらの影響を受けやすくなります。

子どもの健やかな成長のためには、掃除の行き届いた生活環境が大切で絶対に欠かせないものなのです。

ママのストレスが増え育児がうまくいかなくなる
育児中は多かれ少なかれストレスがたまります。

加えて汚い部屋を見るだけでもストレスになり、ストレスがストレスを呼ぶ負のスパイラルに陥ってしまいます。

たまり過ぎたストレスでイライラしたり落ち込んだりと、ネガティブな気持ちを大きくしてしまうこともあります。

ママが常にイライラした状態での育児がうまくいくはずはありません。

汚部屋が子どもの心まで蝕むようになる
汚い部屋に住み続けていると精神的な病気にかかりやすいという傾向があります。

何もやる気になれない、無気力、うつ状態など、周りの環境が与える影響は私たちが考えている以上に大きいと言えそうです。

片付けが苦手な人でも大丈夫!守るだけで家中スッキリの簡単ルールとは?

部屋を片付けられない人には、物を捨てられないという特徴があります。

物を捨てられないために、どんどんと物が増えていってしまい、その結果として片付けられなくなっている場合がほとんどです。

そこで、片付けが苦手な人でもこれさえ徹底すれば、いつも家中スッキリで気持ちよくいられるルールをご紹介します。

家中スッキリの簡単ルール
・まずは1度整理整頓をする
・ものを増やさない
・使ったものは使い終わったら必ず元の場所に戻す

まずは1度整理整頓をする
家中をスッキリさせるにも、ものが多く足の踏み場もない状態では片付けられません。

1度、必要なものと不要なものとを分け、不要なものは思い切って捨てます。

ものを増やさない
たとえば新しい洋服を2着買ったとします。

クローゼットから古い洋服2着を取り出して、空いたスペースに新しい洋服をしまうようにします。

取り出した古い洋服2着はリサイクルに出す、もしくは捨てるかして処分します。

リビングにあるものでも、キッチンにあるものでも基本的な考え方は同じです。

くれぐれも安かったら、お買い得だったからなどという理由で、今必要のないものを買いこんだりすることのないよう気をつけましょう。

使ったものは使い終わったら必ず元の場所に戻す
片付けられない人にありがちなのが、使ったものを使い終わった後に元の場所へ戻せないということです。

次に使いたいときに「爪切りどこにやったっけ?」となるわけです。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、習慣になってしまえば自然にできるようになります。

取り出しやすく、わかりやすいような工夫をすることで、より簡単にできるようなると思います。

プラスアルファの収納術で苦手な片付けも楽しんでやれる?

片付けの簡単ルールのプラスアルファとして、ものを収納する際は、よく使うものから優先的に取り出せるよう配置を考えます。

あとは、きれいに片付いた部屋にいることでの爽快感や、きれいに片付けられたという達成感などを味わい、楽しみながらやっていきましょう。

まとめ

汚部屋に住んでいても全然気にならないというかたもいるでしょう。

でも、汚れた部屋にはカビの胞子やアレルゲンとなるホコリがいっぱいで、体だけでなく心にまで大きな悪影響を与えてしまいます。

特に抵抗力のない小さな子どもはその影響を受けやすいため、子どもの健やかな成長のためには、こまめな掃除できれいな住環境が必要不可欠です。

片付けが苦手だというかたでも、片付けの簡単ルールを守るだけで気持ちの良い部屋作りはできます。

可愛い子どものためにも、片付けの簡単ルールを習慣にしてストレスの少ない日常生活を送ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す