宅配業者大手のヤマトが抱える苦悩とは?解決策はあるのか?

スポンサーリンク




インターネットの普及で、わざわざ出かけていかなくても、色んなことができるようになりました。

知りたいことを調べたり、何かを買ったり、売ったり、予約や手続き、コミュニケーション、動画の視聴など、驚くほどたくさんのことができますね。

ネット通販もそのひとつです。

その便利さから欲しいものがあると、お店に行かずにネットで済ませてしまうというかたも多いのではないでしょうか。

でも、そんな便利さの裏には、ネット通販というシステムを支える宅配業者の存在があります。

今もなお右肩上がりに増え続ける荷物の取扱量に対して、宅配業界では対応しきれていないという現実があるのです。

中でも宅配便市場で約5割のシェアを誇るヤマトの問題は深刻で、サービスの見直しや労働環境の改善が必須な状態です。

そこで現在ヤマトが抱えている厳しい内部事情について調べてみました。

宅配業者大手のヤマトが存続の危機?厳しい内部事情とは?

ネット通販を利用するひとが増えた背景には、スマホの普及があります。

スマホが普及した後は従来パソコンで行っていたようなこともスマホひとつでできるようになりました。

これによりネット通販を利用するひとが増え、加えて共働き世帯が増えていることでの再配達の増加が、ドライバーを初めとする従業員の労働環境の悪化につながっています。

労働時間については20年前よりも段階的に引き下げられているとはいえ、他の業種に比べるとまだまだ多いのが現状です。

人手不足も深刻で今のままではヤマトの存続というよりも、宅配業界のシステム自体が破たんしてしまいかねません。

スマホの普及率がさらに増えていけば、それに比例して通販による荷物の取扱量も増えていきます。

ネット通販利用者の満足度をそのままに、宅配業者の負担を軽減する方法を早急に確立する必要がありそうですね。

ヤマトの厳しい内部事情に解決策はあるのか?

ドライバーの大きな負担となっているのは、宅配荷物の取扱量が増加しているのはもちろん、不在による再配達だと言われています。

取扱量の増加については物理的に配達可能な人員を増やす、もしくは所定の場所に取りに来てもらい、その分送料を安くするなどの施策が考えられます。

不在の場合の再配達による負担を軽くする方法としては、基本的に再配達は行わない方向で、郵便物と同じように配達できるシステムが有効だと思われます。

実際に宅配ボックスというものがあり、これがあれば再配達が不要になるため注目されつつあるようですね。

人員不足が深刻ですぐには改善されない状況下で、少しでもドライバーの負担を軽くする方法があれば、利用する側は積極的に協力すべきではないでしょうか。

宅配サービスは今が変化のときかもしれない!

宅配便業界は深刻な人手不足と労働環境の悪化で、まさに今がピンチのときです。

「ピンチをチャンスに変える」べく逆転の発想で、利用する側、届ける側それぞれがwinwinの新たなサービスに期待したいと思います。

まとめ

スマホの普及で私たちの生活はいっきに便利になりました。

でも、その裏には様々なサービスを支えてくれている人たちの存在があります。

そんな中、以前から問題になっているのは、宅配業界の深刻な人手不足や労働環境の悪化で、このままではサービス自体が破たんしてしまうかもしれません。

宅配便サービスを利用する側としては、ドライバーの負担を少しでも軽くするような利用法を心がけようと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す