メイプル超合金・カズレーザーの勉強法が話題!記憶力アップのコツ

スポンサーリンク




メイプル超合金のカズレーザーと言えば、上下真っ赤な服装に金髪がトレードマークのお笑いタレント。

コンビではボケを担当していながら意外なほどの高学歴で、埼玉県でも有数の進学校である偏差値「65」の熊谷高校を卒業しています。

出身大学は同志社大学商学部で、明治大学や立教大学と同レベルのこちらもなかなかの難易度だと言います。

某銀行から出ていた内定を蹴っての芸能界入りで、もともとIQは高いのでしょう。

テレビQさまの「学力王」で優勝し、高学歴で頭の良いことが世の中の人々に知られることになりました。

そこで、カズレーザーがやっていたという勉強法が話題になっているようなので調べてみました。

カズレーザーがやっている記憶力をアップさせる勉強法とは?

今では高学歴で頭の良いことが周知の事実となったカズレーザーの勉強法とは、

・教科書の上にトレーシングペーパーを置き挿絵をなぞって記憶する
・長い名前はリズムで覚える

というものです。

見るだけではなかなか覚えられないことも、トレーシングペーパーを使い実際に描いてみることで、色々な背景がわかり記憶力がアップするのだとか。

やたらと長くて覚えにくいのが歴史上の人物などの名前です。

それらはリズムで覚えると覚えやすいそうです。

マルクス、アウレリウス、アントニヌス♪(^^♪とリズミカルに楽しみながら覚えるのがおすすめとのこと。

カズレーザーの勉強法はとってもシンプルですよね。

楽しみながら記憶力をアップさせる方法を考え導き出された勉強法で、効果が高いであろうことは、彼自身の学歴が物語っていると言えるのではないでしょうか。

記憶力を高めるのは簡単?おすすめ記憶術のアレやコレ

勉強だけでなく、そもそも何かを覚えるのって苦手・・・というかたが少なくないかもしれませんね。

でも記憶力を高めるのって意外と簡単なんだそうです。

「え~ホントに?」と思われたあなたに、簡単にできる記憶術のアレコレについてご紹介したいと思います。

左右に目を動かす
目を左右に30秒間動かすことで、右脳と左脳が同時に働くようになるため、記憶力がアップすると言われています。

起床後、一定のペースで目を動かしてみましょう。

嗅覚を刺激する
嗅覚と他の感覚では情報伝達経路がもともと違います。

嗅覚以外の感覚は視床下部を経由して大脳皮質のそれぞれの感覚領域、大脳辺縁系へと情報が送られます。

それに対して嗅覚は、嗅神経を経由した後すぐに大脳辺縁系へと情報が送られるのです。

つまり感じたニオイはダイレクトに古い脳へと伝わるということです。

実際アロマなどで嗅覚を刺激するのは、記憶力を高めるのにとても有効な方法だと言われています。

自分の記憶力を信じる
「自分は記憶力が悪いから・・・」と思い込んでいると、思い出したいこともなかなか思い出せないことがあります。

自分の記憶力を良くするには、自分の記憶力に自信を持つことがとても大切です。

記憶に関する小さな成功体験を積み重ねていき、自分の記憶力に自信が持てるよう取り組んでみましょう。

ゆっくりと大きな呼吸を意識して行う
ゆっくりと大きな呼吸を意識して行うことで脳への酸素供給量が増えます。

また脳をリラックスさせ働きを良くする効果もあるため、スムーズな記憶の出し入れができるようになります。

記憶力を高める方法は他にも色々ありますが、簡単ですぐにできる方法についてご紹介してみました。

まとめ

メイプル超合金のカズレーザーと言えば、その風貌に似合わず高学歴で頭が良いというのが今では周知の事実になっています。

カズレーザーがやっていたという勉強法で話題になっているのが、トレーシングペーパーを使った記憶術です。

見るに描くをプラスした記憶術で、その効果は彼の学歴が物語っています。

長すぎて覚えにくい歴史上の人物の名前などは、リズムで覚えると覚えやすいのだとか。

記憶力を高める方法は色々あるものの、簡単ですぐにできるものも少なくありません。

自分に合った記憶術を見つけられたなら、カズレーザーのように楽しみながら学ぶことができるのでないでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す