梅雨時でも熱中症になるのはなぜ?こんな人は要注意!

スポンサードリンク

熱中症と言えば夏の暑い日になるもの・・・そう思っているかたも多いのではないでしょうか?

でも、熱中症は梅雨時でも発症してしまうことがあるんですよ。

熱中症になりやすく毎年熱中症になっているというかたは特に、そんなに暑くないしと油断せずに、早めの対策で熱中症にかからないようにしましょう。

気温が高いとかかりやすいと思われている熱中症が、梅雨時でも発症してしまうのはなぜなのか、発症しやすい人はどんな人なのかなど気になり調べてみました。

梅雨時でも熱中症になってしまう原因とは?

特に「暑い~」というわけでもないのに、梅雨時でも熱中症になってしまう原因とは何なんでしょうか。

体が暑さに対応できていない
梅雨というと、気温や湿度ともにポカポカと快適な春から、肌を突き刺すような強い陽の光が降り注ぐ夏との間にやってくる不快指数の高い時期でもあります。

真夏ほど気温は高くないものの、それでも梅雨の晴れ間など急激に気温が上昇することも・・・

暑かったり、寒かったりと日々の気温が変動しがちな梅雨時は、体が暑さに対応できていないことが考えられます。

湿度が高い
梅雨時は湿度が高く汗が蒸発しないため、熱が体内にこもり易くなり熱中症にかかる場合があります。

水分補給が不十分
気温が高く暑い日は自然と小まめに水分補給をしようとしますが、真夏ほど暑いと感じにくい梅雨時は、そもそも必要な水分が摂れていないことがあります。

エアコンや扇風機を使わない
全国的に節電に対する意識が浸透していて、節電を心がけているというご家庭も多いのではないでしょうか。

特に高齢者のいるご家庭に多いのが、節電を意識しすぎるあまり、湿度の高い梅雨の時期でもエアコンや扇風機を使わずにいるケースです。

梅雨時に「夏じゃないし・・・」と暑さを我慢しするのは危険です。

梅雨時に熱中症になってしまうのは、体が暑さに対応できていないことや不十分な水分補給、節電意識からエアコンや扇風機を使わないことなどが原因だったんですね。

熱中症は初期のうちの対処が肝心!初期症状と対処法

ひとくちに熱中症の症状と言っても、初期の軽いものから命にかかわるような重症のものまで様々です。

熱中症は初期のうちに適切な対処をすることがとても大切。

初期症状としては、

・めまいや立ちくらみ
・倦怠感
・大量の発汗
・頭痛
・吐き気
・腹痛
・手足などの痙攣
・顔色の悪化

などがあります。

これらの症状が見られたら無理をせず、涼しい場所へ移動して汗を拭き、首や体を冷やして、室温の水や麦茶などを少しずつ飲みながら水分補給をしましょう。

水分補給としてはスポーツ飲料や経口補水液があれば、さらに良いです。

熱中症の初期症状はちょっとした体調不良と勘違いすることがありますが、涼しい場所で横になり水分補給をしても回復しない場合は、早めに病院へ行き適切な処置を受けるようにしましょう。

熱中症になりやすい人とはこんな人!

熱中症は年齢や性別に関係なく誰もがなりうるものですが、中でも特になりやすい人がいます。

・乳幼児
・高齢者
・心臓病や糖尿病などの持病のある人
・体調の悪い人

などです。

わたしたちの体に備わっている体温調節機能が、体の外や中で発生する熱の影響を受け乱れてしまうことにより、様々な不調となって現れるのが熱中症です。

熱中症になりやすい人というのは、この体温調節機能が乱れやすい人、低下している人とも言い換えることができます。

真夏の炎天下で長時間にわたり激しいスポーツや過酷な労働に従事するかたも、常に熱中症の危険性があることを認識して予防策を考える必要があります。

まとめ

真夏の暑い日になるというイメージがある熱中症ですが、実は梅雨時にも油断をしていると発症してしまうことがあります。

原因としては梅雨時は汗をかいても蒸発しにくかったり、真夏ほど暑いと感じにくいために水分が不足しがちになったり、節電意識からエアコンを使わないでいたりすることなどがあげられます。

熱中症の初期症状はちょっとした体調不良と思いがちですが、涼しい場所で横になり水分補給をしても回復しないようであれば、早めに病院へ行くようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す