風邪を引いたら顔に吹き出物ができてしまった!即効で治す方法は?

スポンサードリンク

半年ぶりくらいに風邪を引きました。

風邪を引いた途端、鼻や頬に吹き出物ができてしまい、自分でも珍しいなあと思いました。

他にも小鼻の周りがカサカサしていたり、肌が荒れていたりで化粧のノリも良くありません(>_<)

そこで即効で治す方法はないものかと思い調べてみました。

風邪を引いたら吹き出物が顔に!即効で治す一番の方法は?

風邪が原因で顔に吹き出物が出たのであれば風邪を治すのが先決です。

私は風邪を引いたかなと思うと、市販の薬を飲み体を温かくして早めに休むようにしています。

お陰で2,3日もすると風邪の症状が軽くなり、病院へ行くことはほとんどありません。

ただ最近は、加齢に伴い風邪をひいてしまうと以前に比べて治りにくくなったように感じます。

今回、風邪を引いて吹き出物や肌荒れが気になるのは、年齢の影響があるのかもしれません。

風邪を引いているときは特に栄養バランスの良い食事と、こまめな水分補給を心がけましょう。

また、できてしまった吹き出物は潰すなどして、刺激を与えてはいけません。

顔の汚れをしっかりと落としつつも、優しく丁寧なスキンケアをするようにします。

しっかりメイクは肌への負担も大きいので、風邪が治り肌の状態が良くなるまでは控えめにしましょう。

風邪を引いて顔に吹き出物ができてしまったら、免疫力を上げる食事と休養とを心がけ、一日も早く風邪を治すようにしましょう。

合わせて肌への刺激を少なくすることも忘れてはいけません。

風邪が原因でできた吹き出物は、風邪が治れば自然に治るはずです。

無理することなく自分の体をいたわりながら、風邪を治していきましょう。

風邪を引いたときに吹き出物など肌荒れを起こしてしまう原因は?

風邪を引いたときに吹き出物ができたり、肌荒れを起こしてしまったりするのは体の免疫力が低下しているためです。

免疫力が低下してしまうと肌の防御反応が鈍くなり、原因菌であるアクネ菌や様々な雑菌の襲撃を受けやすくなります。

毛穴に皮脂が残っていると、雑菌たちにとっての格好のエサになってしまうのです。

また、鼻水や鼻づまりなどを抑える薬を飲んでしまうと、その副作用で便秘がちになります。

便秘になればニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。

風邪を引いたときに吹き出物や肌荒れを起こしてしまうのは、免疫力の低下が原因だったんですね。

風邪薬によっては副作用で便秘になってしまうことから、意味があって出ている鼻水を、薬を飲んでまで止める必要はないのかと思いました。

まとめ

私は風邪かなあと思うと、市販の薬を飲んで体を温め早めに休むというのがお決まりでした。

実際ほとんどの風邪はこれで良くなりました。

ところが最近になって加齢のせいか、この方法でも風邪が治りにくくなったと感じていて、今回に限って言えば顔に吹き出物までできてしまいました。

普段は少しぐらい便秘をしたぐらいでは、吹き出物がでることなどなかったので驚きでした。

すべては免疫力の低下が原因ということで、普段から免疫力を低下させないような食生活と生活習慣を送る必要があるのだと痛感しました。

風邪による吹き出物や肌荒れを防ぐには、風邪を寄せ付けない健康体でいることが一番なんですね。

スポンサードリンク

コメントを残す