タバコをやめるきっかけ|お金持ちはなぜタバコを吸わないのか?

スポンサーリンク




タバコは値段が高くなるは、分煙が進み吸う場所が限られるはで、愛煙家とはいえ何かやめるきっかけさえあればやめたいと考えているかたが少なくないのではないでしょうか?。

タバコは中毒性があり、喫煙歴が長くなればなるほど、いざやめようと思ってもやめることが難しいと感じることがあると思います。

禁煙がうまくいって仮に1ヶ月間吸わないでいられたとしても、飲み会の席などでタバコを勧められ、1本吸ってしまったのを機にまた吸うようになってしまった・・・

ということもあるのではないでしょうか?

ではいつまで経ってもタバコをやめることができないのかと言えば、もちろんそうではありません。

その人にとってやめるためのきっかけがあれば必ずやめられるはずです。

この場合、その人にとってというのがポイントです。

一般的なタバコは百害あって一利なしとか、健康にも美容にも悪いというような理由ではやめるための動機として弱すぎるのです。

具体的な症状がないのならなおさらです。

ということで、どんなことがタバコをやめるためのきっかけになりうるのか、ご紹介したいと思います。

タバコをやめるにはきっかけが必要!きっかけさえあれば禁煙は簡単?

タバコをやめるには絶対にタバコをやめるという強い精神力が必要です。

でもその前に、何のためにタバコをやめるのかという目的が必要不可欠です。

自分にとってのタバコをやめる目的、きっかけは何なのかについて1度しっかり考えてみましょう。

一般的な禁煙成功者のタバコをやめるきっかけとして多かったのは、

・子どもが生まれた
・タバコ代にかかる費用の高さ
・体調不良

です。

それぞれについて見ていきましょう。

子どもが生まれた

タバコは吸う本人よりも、周りにいて好むと好まざるとにかかわらず、タバコの煙を吸わされてしまう受動喫煙の方が有害だと言われています。

生まれてくる子どもの成長にも大きな悪影響を及ぼすのは明らかで、子どもができたのを機に喫煙を決意するかたが多いようです。

タバコ代にかかる費用の高さ

タバコ1箱の値段は安いもので200円~高いものだと440円もします。

仮に1日200円のタバコを1箱ずつ1年間吸い続けたとして、かかる費用は単純計算で73,000円になります。

1日440円のタバコを1箱ずつ1年間吸い続けた場合には、実に160,600円にもなります。

この金額を安いとみるか高いとみるかは人それぞれですが、タバコにかかる費用でほかにやりたいことや、できることを考えるとやめるという選択肢以外にないのかもしれませんね。

体調不良

タバコは百害あって一利なしと言われるように、健康に及ぼす影響は計り知れません。

タバコを吸い続けることで体調不良を感じるようになった場合、やはりタバコをやめるのがベストな選択だといえそうです。

 

タバコをやめるきっかけになりうるものは、これ以外にもありますが、自分にとって強い動機づけになることがポイントです。

タバコをやめたい・・・でもやめられないというかたは、こうなったら困るということや、こうなりたいということを意識して探してみてください。

 

お金持ちがタバコを吸わない理由は何なのか?

お金持ちはタバコを吸わない、低所得者ほどタバコを吸うという統計結果があります。

ではなぜお金持ちの多くはタバコを吸わないのでしょうか?

その理由を知ることで、お金持ちの様々なことに対する考え方や習慣がわかり、もしかしたらタバコをやめるきっかけになるかもしれませんよ。

そこで見えてきたのが、お金持ちは健康体でいることの重要性をよく理解しているということです。

健康だからこそ良いアイデアが沸いてきたり、やる気がアップして多くのチャンスにも恵まれるわけです。

何度も言うようにタバコは百害あって一利なしで、タバコを吸ってわざわざ体調を悪くする必要はないと考えているのでしょうね。

ビジネスで高いパフォーマンスを発揮して、成功を収めるには体調管理は欠かせないポイント。

お金持ちの健康に対する考え方を見習えば、日々の生活の質をアップさせることができそうですね。

まとめ

タバコは老化を加速させたり、口臭や体臭の原因になったりと良いことは何もありません。

タバコの値上がりや喫煙者の減少で、今後ますます禁煙する人が増えていくと思います。

タバコをやめられないと悩んでいるかたは、自分なりのきっかけを探して、健康のためにも禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




3 Responses to “タバコをやめるきっかけ|お金持ちはなぜタバコを吸わないのか?”

  1. お金持ちほどタバコを吸わないと言っても、差は数百万円くらいでしょ。それは誤差と言えませんか?
    最悪年で2000万円儲けてれば、タバコ吸ったって良いと思います。
    数十万円とか誤差みたいな数字出されてもショボいだけだと思ってます。
    月に2回程度、家にこもって20時間弱大金を動かす仕事をしたあとに、葉巻を吸うくらい許して欲しいです。
    精神力や集中力が著しく消耗したあとに、一番速く回復させるのは経験上エナジードリンクなんかではなく葉巻なんです。

    • 脈が強く、異常に速くなり、五感が興奮しきってる状況から、すぐ寝つくのに一番向いてるのが葉巻。
      コンビニで売ってるタバコは味気ないから吸ったことは人生で5本以内なので知らないですが、葉巻には鎮静効果が有るように感じています。
      下痢(おそらくストレス性)も葉巻で治ったこともありますし。

    • しまだ様

      メッセージありがとうございます。

      しまだ様にとって葉巻は、疲れた心や体を元気にしてくれる欠かせないものなのですね。

      煙草に対するデメリットのみが広く浸透し、多くの方が禁煙傾向にある中、しまだ様のように煙草を愛してやまない方もいらっしゃることがよくわかりました。

      今回の記事は「煙草を辞めたいのに辞められずにいる方」の参考になればと思い書いてみました。

      お金持ちというのも考えてみれば少し表現が曖昧だったようですね。

      私がイメージするお金持ちは「幸せなお金持ち」で、文字通り経済的に豊かで仕事もプライベートも人間関係も充実している、そんな方々です。

      そんな方々の多くは「健康であることの重要性」を強く認識しているために、百害あって一利なしと言われている煙草を吸わないのは自然なことだと思っているようです。

      ただし毎日当り前のように何十本もの煙草を吸うようなヘビースモーカーと、しまだ様のようなスタンスで煙草を吸うのとでは心身に与える影響にも大きな違いがあると感じました。

      そうは言っても私個人としては、やはり煙草は吸わないに越したことはないと思っているので、そういう意見もあるのだと寛容なお気持ちで見ていただければ幸いです。

コメントを残す