生涯独身を後悔する人しない人との違いとは?幸せのかたち【考察】

スポンサーリンク




ライフスタイルや価値観、結婚観などの変化により、生涯独身でいることをあえて選択するかたが増えてきました。

若いうちは「ずっとひとりでもいいや」と思っていても年齢とともに結婚への考え方が変わり、「やっぱり結婚しておけば良かった」と感じることもあるでしょう。

そこで生涯独身を後悔する人としない人との違いや幸せのかたちについて私なりに考えてみました。

生涯独身を後悔する人の特徴とは?

 

あるまとめサイトで74歳の独身男性が、「ひとりは寂しいよ」としみじみ話している画像を観ました。

家賃5万円、風呂無しアパートに住むその男性に、寂しさを紛らわすために何かしてるかと聞いたところ、「ただ大人しくしてるだけ」という寂しすぎる答えでした。

「元気なうちはいいけれど寝たきりになったら本当に寂しいよ」と孤独感を露わ(あらわ)に・・・

インタビューの中でその男性は、決して結婚しておけばよかったというような発言はしていなかったものの、私には74歳まで結婚をしなかったことを後悔しているように見えました。

どんな理由があったにせよ、生涯独身でいたことを後悔する人にはどんな特徴があるのでしょうか?

・結婚することを早々に諦めている
・傷つくことを恐れて恋愛に消極的
・婚活に対する偏見から真剣に相手を探していない
・結婚に対するマイナスイメージが強い
・プライドが高すぎる
・寂しがり屋

どうせ自分なんて・・・と自己肯定感が低いあまりに、恋愛や結婚に対して消極的すぎると、なかなか良い縁に恵まれないことがあります。

また、婚活への偏見や結婚に対するマイナスイメージ、高すぎるプライドも結婚にとって大きな障害になります。

表面的にはどうでも本心では結婚を望んでいるのなら、できる努力は惜しまないようにしましょう。

生涯独身を後悔しない人の特徴とは?

 

それに対して生涯独身でいても後悔しないという人の特徴としては、

・ひとりでいる方が落ち着き楽しいと感じる人
・趣味の多い人
・ひとりの異性に縛られるのが嫌いな人
・一定以上の年収がある人

などがあげられます。

こよなく自由を愛する人は、結婚により色んな面で制約を受けることに抵抗を感じることでしょう。

いくつになっても仕事に趣味にと忙しい人は、恋愛さえもする時間が惜しいと考えてしまうかもしれませんね。

自分のやりたいことを情熱を持ってやり続けていれば、極端な話いつ死んでも後悔をすることもないでしょうね。

幸せのかたちは人それぞれ!後悔しない生き方とは?

 

ライフスタイルや結婚に対する価値観などの変化により、生涯独身でいることを選択する人が増えていますが、確かに結婚だけが幸せとは限りませんね。

どんな人と結婚をしたとしても、少なからず忍耐を必要とする場面はありますし、お互いが歩み寄り助け合っていかなければなりません。

あなたがもし生涯独身でいても後悔しないと言いきれないようであれば、「結婚なんてしない!」と自分の人生を早々に決めてしまわずに、自然体で生きてみてはいかがでしょうか⁈

結局のところ後悔しない生き方とは自分の性格を踏まえた上で、変なプライドやこだわりに縛られることなく、自然体で生きることなのだと思います。

まとめ

 

生涯独身でいようが結婚をしようが人それぞれの自由です。

ただし、年齢を重ねていったときに「やっぱり結婚しておけばよかった・・・」と後悔しないためにも、自分の性格を踏まえ人生設計をしておくことをおすすめします。

これを機にあなたの幸せのかたちについて、改めて考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す