新木優子が性格悪そうと言われる理由は?女優としての実力は?

スポンサーリンク




現在【コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-】に、新米医師 横峯あかり役で出演中の新木優子が、一部で性格が悪そうというイメージを持たれているようです。

彼女がなぜそんなイメージを持たれてしまったのか、真実はどうなのか、女優としての実力はあるのかなどについて調べてみました。

新木優子は性格が悪い?気になる真相は?

 

1993年12月15日生まれの現在23歳の新木優子は、2007年に芸能界デビューを果たし、2014年大学在学中に雑誌『non-no』の専属モデルになりました。

モデルとして女優として活躍を続ける中、学生時代は友達にも恵まれ充実した学生生活を送っていたようですが、そんな彼女の性格について不穏な噂があるようです。

というのもNGを出しても謝らなかったり、性格がきつかったりするからなのだとか・・・

確かに自分に非がある場合に謝ることができないとしたら、性格を疑われても仕方がないかもしれませんね。

きついイメージを持たれてしまう点については、YES、NOがハッキリしているせいではないかと思われます。

良く言えばサバサバした性格で、そういう人だとわかってしまえば特に気になる部分ではないかなと・・・

ただ、NOという場合でもやんわりと断ろうとする日本人が多い中で、あまりにもストレートな言い方だと、誤解されやすくなるのかなと感じました。

以上のような話だけを鵜吞みにしてしまうと、新木優子の性格は最悪じゃないのと思ってしまいますが、真面目でマメな性格だということもわかりました。

それを証明するエピソードを紹介すると、ブログの読者に対してこまめにコメントを返しているというのです。

これだけ人気が出てくると、仮に1行程度の短いコメントだったとしても、その量は膨大なものになっているでしょう。

いかに彼女がファンを大切にしているかがわかるエピソードですよね。

人は直接関わることがない芸能人に対して画面から伝わってくる印象で、「きっとこの人はこういう人だ!」と決めつけてしまう部分があります。

万人に好かれることはできないとしても、誤解をされないような配慮は必要かもしれませんね。

新木優子の女優としての実力は?

 

新木優子の女優としての実力はどうなのか、その評判を調べてみると、どこを見ても「下手」というものはありませんでした。

キレイな女優さんは外見の美しさが先行してしまい、演技力は二の次的なイメージがありますが、彼女は与えられた役どころをしっかりと演じている印象を受けました。

特に高評価だと感じたのは「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」で演じた心に闇を抱える元凄腕ハッカー役。

難しい役どころを見事にこなしていたという多くの声が聞かれました。

モデルとしての彼女やCMから受ける印象とは180度違い、クールでカッコいい感じが視聴者には新鮮に映っていたようですね。

小栗旬や西島秀俊など存在感のある俳優陣を前に、ひるむことなく演じ切った彼女のメンタル面の強さと、見た目だけではない実力の持ち主であることが証明されたのではないでしょうか。

まとめ

 

モデル兼女優の新木優子はNGを出しても謝らない、YES、NOがハッキリしているといった性格から、一部の方からは性格が悪そうと思われているようです。

反面、ブログの読者からのコメントに対してこまめに返信するといった真面目な一面もあります。

基本的に負けず嫌いで、悔しさをバネにして自己成長のための努力を惜しまないという素晴らしい性格の持ち主でもあります。

長い間、芸能界の第一線で活躍し続けることは簡単ではありませんが、彼女には大きな可能性を感じます。

自分の非を認め謝る謙虚さを身につければ正に鬼に金棒。

新木優子の今後の活躍に大いに期待したいと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す