観月あこの気になる生い立ちとは?経歴をまとめてみた!

スポンサーリンク




観月あこさんと言えば、テニスの錦織圭選手の彼女ということで一躍有名になりました。

プロスポーツ選手の彼女で、将来的に結婚を視野に入れているとすれば、栄養面、精神面などのサポート力が必要になるでしょう。

観月あこさんは世界で活躍する錦織圭選手の彼女、もしくは結婚相手としてふさわしいのか、生い立ちや経歴、性格などから検証してみようと思います。

観月あこはどんな生い立ちの元に生まれたのか?

 

観月あこさんは富山県出身で、1991年10月20日生まれの現在25歳。

両親と弟の4人家族で、父親が葬儀社を母親が美容室をそれぞれ経営していて、経済的にはそこそこ恵まれた環境にあったようですね。

また、現在は閉鎖されているという彼女のブログには、おじいちゃんやおばあちゃんのことが書かれていたという話も・・・

地元の小・中学校を卒業後、高校は富山市内にある富山第一高校を卒業しています。

 

家族ぐるみで霊能者・観月明希氏との親交があるらしく、年末年始は家族で静岡にある観月邸にて過ごしているということです。

観月あこという芸名も明希氏がつけたもので、ひらがなにすると「あこ」と「あき」の一字違いなんですよね。

あこさん家族は年末年始を観月氏と過ごすだけでなく、交際中の錦織選手のテニスの試合を共に観戦することもあるのだとか。

あこさん家族の観月氏への崇拝ぶりが伝わってくるようです。

 

あこさんを性格的にみてみると、特技がスノーボードでバリバリのアウトドア派と思えば、もうひとつの特技として琴とあることからおしとやかな面もあるのかも。

 

2015年12月からは父親が営んでいる葬儀社のCMに出演していて、錦織圭選手との交際で有名になったこともあり、かなりの宣伝効果があるのではないでしょうか。

 

こうしてみると観月あこさんは経済的に恵まれた家庭に生まれ育ち、母親が信仰する宗教に傾倒していたのを除けば、今どきどこにでもいるような20代の女性だと思います。

 

観月あこは錦織圭の彼女としてふさわしい?経歴まとめ

 

観月あこさんは錦織圭選手の彼女としてふさわしいのか、ふたりの交際を周りの人たちはあまりよく思っていないという噂もあり、芸能界デビュー後の彼女の経歴からその理由について検証してみます。

 

観月あこのデビューから現在に至るまでの経歴

 

観月あこさんのデビューから現在に至るまでの経歴について、早速見ていきましょう。
・2010年に山内舞としてモデルデビュー
・エイベックスマネジメントに移籍し立花舞としてタレント活動を行う
・2012年に「東京俳優市場」で初めての舞台出演を果たす
・ファッションモデルへ転向し東京ランウェイなどのショーに出演
・2013年に「kis-My-Ft2」の玉森祐太との熱愛をスクープされる
・事務所の先輩だった杉良太郎のセクハラを告発
・エイベックスを退社
・錦織圭選手と熱愛中
観月あこさんの経歴を見てみると仕事にしても交際相手にしても、なかなか華やかな印象を受けます。

とかく錦織選手の元彼女と比べられることが多いようで、周りからはあまりよく思われていないのだとか。

それは元彼女が錦織選手を様々な面でサポートしていたのに対して、あこさんは錦織選手のサポートどころか、足を引っ張っているというイメージがあるからかもしれません。

錦織選手は右手首の腱を断裂し、今期残りの試合全部を欠場すると報じられ、男子テニス世界ランキング9位からトップテン圏外への陥落が確実視されています。

一部では観月あことの交際が原因のひとつではないかと言われているのです。

あまりにも自由奔放であるがゆえに、周りの人たちに誤解を与えてしまうことがあるのでしょう。

錦織選手のプロテニスプレーヤーとしての面目をつぶすことがないように、彼女としてできる限りの努力を期待したいと思います。

まとめ

 

観月あこさんは錦織圭選手の現在の彼女です。

あこさん自身は彼との結婚を視野に入れて英会話を習ったり、健康管理の資格を取得したりと彼女なりに努力をしていると言います。

ケガにより今期残りの試合を全部欠場することになってしまった錦織選手。

男子テニス世界ランキング9位からトップテン圏外への陥落は、彼女への周囲の風当たりをさらに強くしそうな予感がします。

ふたりの結婚を一番喜んでほしい錦織選手の両親やマイケル・チャンコーチは大反対とのことで、彼らを説得するには錦織選手がコート上で結果を残すしかなさそうです。

スポンサーリンク




コメントを残す