梅澤廉と滝菜月が同期でヒルナンデスに抜擢!素顔を暴露

スポンサーリンク




日本テレビ入社2年目の梅澤廉アナと滝菜月アナの同期コンビが、10月からヒルナンデスの後任として抜擢されました。

前任者の水卜麻美アナのインパクトが強すぎてプレッシャーを感じているかもしれませんが、同期であることを強みに頑張ってほしいですね。

今回はそんなふたりの素顔に迫ってみようと思います。

イケメンとイケ女のふたりの関係も気になるところですが、それらをひっくるめてリサーチしてみました。

梅澤廉アナがヒルナンデスに抜擢!その素顔とは?

 

まず初めに梅澤廉アナのプロフィールから紹介してみます。

生年月日   1993年4月26日の現在24歳

星座     牡牛座

血液型    A型

出身     神奈川県厚木市

最終学歴   慶応義塾大学法学部政治学科 卒業

身長     181cm

趣味     乗馬・茶道・早朝散歩

特技     野球

好きな食べ物 あんこ

座右の銘  『人間万事塞翁が馬』

 

プロフィールを見る限りでは「お坊ちゃま感」がプンプンと漂ってきますが、私立の玉川学園中等部卒業後、高校、大学ともに慶応を卒業していることから、そこそこ経済的に恵まれた家庭に育ったのではないかと思われます。

高校・大学と野球部に所属していて、その実力はスポーツ紙の紙面を飾ったことがあるほどだといいます。

大学のときにいわき市で合宿した際には、地元のリトルリーグの子どもたちに野球指導もしていたのだとか。

なかなかの熱血指導ぶりだったようですね。

 

そんなバリバリのスポーツマンである梅澤アナには、意外とも言える好きな食べ物があります。

プロフィールにもあるように、めちゃくちゃ「あんこ」が好きなんだそうです。

母方の祖父母が製あん業を営んでいたということで、その影響でしょうか(笑)

さらに梅澤アナは甘いもの全般が好きなようで、甘いもの好きが高じてスイーツコンシェルジュの資格まで取得しているのだとか。

そういえば学生時代は慶応大学近くにある和菓子屋さんの常連で、よく食べていたという話をしていましたね。

あのルックスで甘いものが好きだなんて言われると、梅澤アナファンの女性たちは、こぞってスイーツづくりに励みそうな気がします。


 

イケメン、長身、スポーツマン、慶應ボーイと、「天は二物を与えず」ということわざが嘘だと思えるほど、そろいにそろっている梅澤アナです。

世の中の女性たちが放っておくはずはありません。

現在彼女はいるのか、今回ヒルナンデスに共に抜擢された滝菜月アナとの関係は?

と気になりましたが、どうやら彼女の存在はないようですね。

滝菜月アナとも現時点では同期以上の関係はなさそうです。

梅澤廉アナの同期・滝菜月アナの気になる素顔とは?

 

次に梅澤アナと共にヒルナンデスに抜擢された滝アナのプロフィールを見ていきましょう。

生年月日    1993年6月11日の現在24歳

星座      双子座

血液型     A型

出身      北海道十勝地方音更町

最終学歴    早稲田大学商学部 卒業

身長      160cm

趣味      バイク・登山・パン屋めぐり・スケート・土いじり

特技      都内の観光地案内・料理

好きな食べ物  おもち・桃

座右の銘   『やってみなきゃ始まらない』

 

見るからに清楚でおしとやかな印象の滝アナですが、バイクや登山を趣味に持つなかなかの行動派のようですね。

おしゃべりすることや食べることが好きで、性格はポジティブかつおっちょこちょいなところがあるのだとか。

『やってみなきゃ始まらない』という言葉を座右の銘にしているあたりは、何事にも積極的でエネルギッシュなイメージがあります。

 

3人きょうだいの末っ子で3歳上と7歳上の兄がいるそうです。

小さい頃から負けず嫌いで、遊びやスポーツなどでは兄たちに勝負を挑み、負けることを良しとせず何度も勝負を挑み続けていたといいます。

小学校時代は剣道、中学校時代はテニス、高校時代はサッカー部のマネージャーと、特にひとつのスポーツにこだわることなく取り組んでいたようですね。

 

アナウンサーになろうと思ったきっかけは、TBSの安住紳一郎アナに中学生の頃から憧れていたこと。

安住アナも北海道出身であることから、より身近な存在として感じていたのかもしれませんね。

また大学時代からテレビ朝日系の深夜番組に出演するなどして、その当時からかなり目立っていたようです。

最後に

 

日本テレビに入社2年目の梅澤、滝の同期コンビが、水卜麻美アナの後任としてヒルナンデスに抜擢されました。

今回ふたりについて色々とリサーチしていくなかで、ルックスの良さ、積極性、食へのこだわりなど、なにかと共通点が多いなと感じました。

ミトちゃんこと水卜麻美アナウンサーの後任ということで、もしかしたらプレッシャーを感じているかもしれませんが、梅澤、滝の独自の色を出していってほしいと思います。

 

スポンサーリンク




コメントを残す