ナッツを食べるとお腹が張る原因と適切な摂取方法とは?

スポンサーリンク




健康にも美容にも良いことで知られるナッツですが、ダイエット中の間食としても最適なことから、日常的によく食べているというかたも少なくありませんね。

でも中にはナッツを食べるとお腹が張るために、食べるのを控えているというかたもいるのではないでしょうか。

そこでナッツを食べるとお腹が張るのはなぜなのか、お腹が張らないように食べるにはどうすればいいのか、ナッツを使ったおすすめレシピなど紹介してみようと思います。

ナッツを食べるとお腹が張るのはなぜ?

 

ナッツはスーパーフードと言われるだけあって、私たちの体にとって素晴らしい作用をもたらしてくれる健康食品です。

とは言えナッツを食べたことで、お腹が張るというかたもいて、食べ方にはちょっとした工夫が必要だと感じました。

まずはナッツを食べるとお腹が張ってしまう原因について見ていきましょう。

・食べ過ぎ
・遅延型アレルギー

 

食べ過ぎ

 

ナッツを食べ過ぎるとお腹が張ったり、腹痛になったりすることがあります。

ナッツ類は脂質が70%という高脂肪食品で、一度に摂り過ぎることで消化不良を起こしやすくなります。

これは摂取した脂肪の消化・吸収を助ける胆汁の分泌が脂質の量に対して不十分となり、消化されにくい状態で腸内にとどまってしまうためです。

またナッツに含まれるフィチン酸には、消化酵素の働きを妨げる作用があるため、食べ過ぎるとお腹の張りの原因になることがあります。

 

遅延型アレルギー

 

一般的な食物アレルギーの場合、痒みや息苦しさといった症状が食べて30分以内に表れます。

それに対して遅延型アレルギーとは、症状が表れるまでの時間が数時間から数日後と遅く、症状も軽いものがほとんど。

好きで毎日食べている、特定のものをつい食べ過ぎてしまうといったかたに多い症状です。

ナッツも美容と健康にいいといって毎日摂り続けていたりすると、お腹の張りや腹痛などのアレルギー反応が出てしまうかもしれません。


最近おならがよく出て困っているというかたも遅延型アレルギーの可能性があります。

特定の食べ物を毎日摂り続けていないかどうか、一度チェックしてみてください。

ナッツの効果を最大限に得られる摂取方法とは?

 

ナッツは世界的なモデルやセレブだけでなく、多くのかたが美容と健康のためにと取り入れています。

ただし脂肪分が多く高カロリーで、食べ方によってはアレルギー症状が出ることもあるため、摂り方には十分気をつける必要があります。

そこでナッツを摂ることのデメリットを避け、メリットを最大限に得られる摂取方法について紹介します。

・一日の適正な摂取量を守る
・食べるタイミングを意識し守る
・無塩のものにする

 

一日の適正な摂取量を守る

 

ナッツは手軽につまめるために、つい食べ過ぎてしまいしがちですが、一日の適正な摂取量を守ることが大切です。

アーモンドなら25粒~30粒、カシューナッツなら10粒前後、ビーナッツなら30粒前後が一日の適正な摂取量になります。

どうしても食べ過ぎてしまうというかたは、一日の摂取量のナッツを入れる容器を用意して、朝に準備し食べるようにするといいかもしれませんね。

 

食べるタイミングを意識し守る

 

ナッツを食べるタイミングとしては、食前30分から食後1時間半の間が良いと言われています。

これは体をもっとも糖化しにくくする時間帯だからです。

糖化とは高血糖状態が続いていたり、血糖値を急上昇させる頻度が高かったりした場合、糖がタンパク質とくっついてしまうことを言います。

体の糖化が進むとコラーゲンの働きを悪くしたり、血管を詰まらせたリするなど、美容にも健康にも悪影響を及ぼします。

ナッツの食べるタイミングを守ることは、若々しく元気な体づくりのためにも意識したいポイントのひとつと言えるでしょう。

 

無塩のものにする

 

ダイエット中のおやつとしてナッツを食べる場合は無塩のものにしましょう。

おつまみ用として市販されているナッツには、食べたときに「しょっぱさ」を強く感じるほどの塩分が含まれています。

普段の食事でも十分な塩分を摂っているので、おつまみ用のナッツを食べ続けていると、塩分の取り過ぎにより高血圧やむくみの原因になってしまいます。

美肌効果も期待できる「ナッツのはちみつ漬け」レシピ

 

簡単に作ることができ様々な使い方で楽しめると話題の「ナッツのはちみつ漬け」についてレシピを紹介します。

材料
アーモンド    100g
カシューナッツ  100g
くるみ      100g
はちみつ     500g

作り方
1.160℃のオーブンにナッツを入れ、10分ローストする。
2.瓶を用意しナッツを入れ、ひたひたになるくらいのはちみつを注ぐ。
3.1週間~10日程度なじませる。

ローストしたナッツを食べ飽きたら試してみてくださいね。

まとめ

 

美容にも健康にも良いことで知られるナッツですが、食べ方や食べる量によっては逆効果になることがあります。

ナッツを食べてお腹が張ったり、腹痛になったりするのも、食べ方や食べ過ぎが原因だと思われます。

ナッツの素晴らしい効果を実感するには、一日の摂取量を守り食べるタイミングなども考慮すると良いでしょう。

ダイエット中のおやつとしても最適のナッツは、若々しく健康な体づくりに欠かせない食べ物と言えそうですね。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す