卵子の質を高める方法とは?妊娠したい方必見です‼




あなたは子供を望んでいますか?

避妊をやめたらすぐ妊娠できると思っていますか?

芸能人の高齢出産ニュースを聞いては、自分もまだまだ大丈夫とどこか楽観的に考えていたりしませんか?

ですが、卵子の質は加齢に伴い低下し、どんどん妊娠しにくくなると知っても自分は大丈夫と言いきれますか?

さらに卵子の質を低下させてしまう原因は加齢だけではありません。

あなたの生活習慣、特にタバコを吸う習慣がある場合は要注意です。

自分の卵子の質を高めて、妊娠力をアップしましょう。

卵子の質を高める方法

・規則正しい生活習慣
・体を温める
・ストレスを溜め込まない
・適度な運動
・良質の睡眠
・ミトコンドリアを増やす
・高たんぱく低炭水化物の食生活を心がける
・アスタキサンチンの摂取
・禁煙
・体重コントロール

1つずつ説明していきます。

規則正しい生活習慣
規則正しい生活習慣は健康な体づくりには欠かせないことですね。

卵子の質を高める上でも例外ではありません。

体を温める
人間の体が正常に働くためには、体を温め体温を上げること大切です。

体温を上げることで、卵子の質が高まりスムーズな排卵が行われるようになります。

ストレスを溜め込まない
ストレスが卵子に与えるダメージは想像以上です。

仕事や人間関係、家庭環境やお金の問題など、現代人は様々なストレスを抱えて生きています。

真面目で責任感が強く、頑張っている人ほど、強く大きなストレスを抱えているのではないでしょうか。

ストレスは上手く発散しながら、付き合っていくことが大切です。

自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

適度な運動
適度な運動と聞いて、「運動は得意じゃなくて・・・」という声が聞こえてきそうですが、何もいきなりスポーツジムに行って運動しなさいということではありません。

いつもエレベーターやエスカレーターを使っているところを階段に変えるとか、毎日の通勤でバスや電車を使っているのであれば、区間ひとつ分ひと駅分歩くようにするといったことでもいいのです。

段階的に無理なく、日常生活に運動を取り入れていきましょう。

良質の睡眠
卵子の発育を促したり、卵子の傷を修復するのに必要な成長ホルモンは寝ている時に脳から分泌されます。

良質の睡眠は、成長ホルモンの分泌を促し卵子の質を高めてくれます。

成長ホルモンは午後10時から午前2時に大量に分泌されます。

遅くても午前0時には就寝するようにしましょう。

ミトコンドリアを増やす
ミトコンドリアは細胞内で活動に必要なエネルギーを産生しています。

ミトコンドリアの量が十分、かつ元気でいることで体内の細胞は若返ると言われています。

ミトコンドリアは不規則な生活習慣や食生活の乱れ、喫煙、ストレスなどで減ってしまいます。

ミトコンドリアを増やすには生活習慣の見直しを行ったり、サプリメントで摂取する方法があります。

高たんぱく低炭水化物の食生活を心がける
たんぱく質は良質な卵子を作る上で、必要な栄養素です。

さらに、たんぱく質には保温効果があり、冷え性の改善にも役立つとされています。

アスタキサンチンの摂取
アスタキサンチンは体内の老化の原因となる活性酸素を抑え、加齢のスピードを緩やかにしてくれます。

これにより、生活習慣病や卵子の劣化などにも効果があるということです。

禁煙
タバコを吸うことは、卵子の質を悪化させ、老化を早めてしまう大きな原因です。

タバコには何千種類もの化学物質が含まれており、そのうちの約40種類は発ガン性物質です。

今すぐ、子供を産むわけじゃないからとタバコを吸い続けていると、卵子の老化を早め、将来的に不妊や流産のリスクを高めることになります。

タバコが与える影響は母親だけではなく、生まれてくる赤ちゃんが将来不妊になる可能性を高めてしまうとも言われています。

そして、喫煙本数と喫煙年数が多くなるほど、タバコをやめてからきれいな体になるまでに時間がかかってしまうのです。

仮に自分がタバコを吸わなくても、夫がヘビースモーカーだと、自分で吸う以上に有害な有毒物質を吸い続けることになります。

健康な赤ちゃんを産むためには、夫婦揃って禁煙することがとても大切です。

体重コントロール
痩せてきれいになりたいと思う女性は多いでしょう。

ですが、過激なダイエットは卵子の質を低下させ、老化を早めてしまう原因になります。

痩せすぎや太り過ぎは、ホルモンが正しく分泌されずに月経や排卵トラブルが多くなり、妊娠力の低下を招きます。

痩せすぎは標準体重の人の4倍も妊娠しにくいとも言われています。

ダイエットする場合は、あくまでも健康的に痩せることが大切ですね。

まとめ

卵子の質は、加齢に加え不規則な生活習慣や乱れた食生活、ストレスや運動不足、睡眠不足や過激なダイエット、喫煙などが原因で低下してしまいます。

中でも喫煙が卵子の質に及ぼす影響は計り知れません。

将来的に子どもが欲しいと思っているのであれば、卵子の質を低下させてしまうこれらの要因を全て取り除いていく必要があります。

若くても、卵子の質を低下させてしまうような生活習慣を続けていれば、将来的に不妊のリスクを高めることになります。

子どもが欲しいと思った時に妊娠し、健康な赤ちゃんを産むためにも、今から健康的な生活を送っていきましょう。

コメントを残す