鼻毛処理の適切な頻度は?簡単で安全なお手入れ方法とは?

スポンサーリンク




毎日鏡を見ているのに、ある時突然、鼻から出ている鼻毛を発見して「いったいいつから?」と焦ったことはありませんか?

どんな美人であろうがイケメンであろうが、鼻からはみ出している鼻毛を見てしまったら、「残念!」と100年の恋も冷めてしまいますよね。

とはいっても鼻毛には鼻毛のれっきとした役割があり、見た目だけを重視して処理しすぎるのもよくありません。

そこでどれくらいの頻度でどんな風に処理すればいいのか、見ていくことにしましょう。

 

鼻毛を処理する適切な頻度はというと、性別や環境によって伸びる速さが違うため個人差があります。

たとえば女性に比べて男性は、男性ホルモンの影響が大きく伸びやすくなります。

空気の汚れた環境で過ごしている場合も、鼻毛の伸びるスピードが早くなるようです。

空気のきれいな田舎で暮らす人よりも、都会で暮らす人の方が鼻毛の伸びが早いと言われているのもそういった理由によるのですね。

鼻毛を処理する頻度としては、厳密に毎日、週一、月一というよりも、鏡を見て鼻毛が見えるようになったら処理するようにしましょう。

この場合の鼻毛が見えるというのは、鼻からはみ出したらという意味ではなく、自分の顔を真正面から見たときに見える鼻毛のことを指します。

毎日顔を洗う時にチェックするようにすると、いつの間にか伸びていた・・・と焦ることがなくなるので、ぜひ習慣にしてみてください。

ところで鼻毛の処理方法にも抜いたり、カットしたり、脱毛したりと色々ありますが、一番いいのはどの方法なんでしょうか。

正しい鼻毛の処理方法を紹介しますので、本来の鼻毛の役割を損なうことなく身だしなみを整えていきましょう。

 

鼻毛は抜いちゃダメ?正しく簡単かつ安全なお手入れ方法とは?

 

気になる鼻毛を見つけると都度抜いているという方も少なくないのではないでしょうか。

でも鼻の粘膜はとってもデリケートで、鼻毛を抜かれて傷ついた毛穴などから雑菌が入り込み炎症をおこすことがあるのです。

ときには毛嚢炎(もうのうえん)になり、膿がたまって鼻全体が腫れてしまうことさえあります。

ちなみに毛嚢炎とは、毛包部(毛穴の奥で毛根を包んでいる部分)に、ブドウ球菌が感染しておこる皮膚炎のことです。

また鼻毛用のワックスによる脱毛は、1回で鼻毛を根こそぎ抜くことができるのですが、鼻毛本来の大切な役割を低下させてしまいます。

鼻毛には外部からのほこりや雑菌の侵入を防いだり、鼻の中の温湿度を保ったり、においを感知したりといった大切な働きがあるのです。

それらを踏まえ鼻毛を処理する一番いい方法は、鼻毛専用のハサミやカッターで処理することです。

専用のハサミやカッターであれば、デリケートな鼻の粘膜を傷つけるリスクも少なく、安全に処理をすることができます。

さらに雑菌の侵入を防ぎ、より安心して鼻毛を処理するためにも家族と共用するのではなく、ひとりずつ専用のハサミやカッターを用意するとよいでしょう。

鼻毛処理は真正面から見て鼻からはみ出しているとき、笑顔になったとき、鼻先を押し上げたときなど、様々な角度で見えてしまう鼻毛をカットするようにします。

 

まとめ

 

鼻毛は性別や環境などの違いにより伸びる速さが違うため、適切な処理頻度にも個人差があります。

気づいたときに抜いているという方も少なくないと思いますが、雑菌の侵入により炎症をおこしてしまうなど危険が伴うため、専用のハサミやカッターで処理するようにしましょう。

鼻毛がはみ出していたりすると人に与える印象も悪くなります。

鼻毛を処理するときは、鼻毛の大切な機能を低下させることなく、かつ清潔感を保てる程度にカットすることをおすすめします。

スポンサーリンク




コメントを残す