石原さとみは昔と今で別人と思うほど太ってた?大女優への軌跡

スポンサーリンク




石原さとみさんと言えば可愛さ最上級で、共演者キラーと言われるほどの魅力的な女優さんですよね。

そんな石原さんですが、昔と今では別人じゃないの?と思うほど太ってたというのです。

今でこそ洗練され垢抜けした彼女ですが、デビュー当時から現在に至るまでの彼女がたどってきた軌跡について調べてみました。

 

石原さとみさんの体重は昔も今も公表されていませんが、デビュー当時の写真を見ると、かなりのぽっちゃり感がありますね。

肩から腕にかけての肉づきの良さも印象的です。

身長が157cmの彼女の標準体重は54.2kg、理想体重は51.8kgですが、53~55kgくらいはあったのではないかと推測されます。

芸能界の基準からすると、これくらいの体重でも太っていると言われてしまうようですが、一般的には健康的な体型だと思われます。

ちなみに身長157cmの美容体重は49.3kgで、モデル体重だと46.8kgになるようですね。

石原さとみさんは、その後ダイエットにより現在のスタイルを実現、45kg前後の体重を維持しているとのことです。

 

石原さとみが人気女優に上り詰めるまでの軌跡

 

石原さとみさんは2002年、第27回ホリプロスカウトキャラバン『ピュアガール2002』でのグランプリ受賞を機に、本格的に女優としての活動を開始しました。

デビューは2003年の映画『わたしのグランパ』としていますが、それ以前にホリプロ系列の俳優養成所に所属し、本名である石神国子として2本の映画出演を果たしています。

同年、連続ドラマ『きみはペット』に初出演、立て続けにNHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロインに抜擢と、女優としての輝かしいスタートを切っています。

2005年にNHKの大河ドラマ『義経』で静御前を、2006年には『Ns’あおい』で民放の連続ドラマでは初めての主演を演じました。

また、同年の秋には『奇跡の人』にてヘレン・ケラー役として初めての舞台にも挑戦しました。

 


 

その後も数々のドラマや映画に出演し、変幻自在に様々な役を演じています。

最近のドラマで個人的にインパクトあったなあと感じているのは、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』です。

石原さとみ演ずる河野悦子が、ひょんなことから本来の夢であるファッション関係の仕事ではなく、めちゃくちゃ地味~な校閲の仕事をすることに・・・

そこで意外にも隠れた彼女の才能が発揮され、夢を抱いたまま校閲の仕事にもやりがいを見出していくという、見ごたえのあるドラマでした。

このドラマをきっかけに、校閲という仕事について知ったという方も多いのではないでしょうか。

彼女はその後も知名度、人気ともにうなぎ上りで、多くのひとが認めざるをえない日本のトップ女優となりました。

彼女には女優としての魅力だけでなく、ひとりの女性としても類まれなる魅力を感じます。

今年の12月24日で31歳の誕生日を迎える彼女は、かつて共演者たちとの熱愛が頻繁に報じられていました。

でも、年齢的に結婚を意識していてもおかしくない今、現在交際中の彼との今後が気になりますね。

 

石原さとみと山下智久が年内結婚の可能性あり?考えられる障害とは?

 

石原さとみさんは現在ジャニーズの山Pこと山下智久さんと半同棲中で、結婚も近いという報道がされています。

でも相手がジャニーズのアイドルというだけで、いざ結婚したいと思っても、お互いの事務所の都合等で難しいことがあるようです。

とはいえ彼女の年齢を考えると、現在はグループを脱退してソロ活動をしている彼との間には、以前ほどの障害はないとの見方もあります。

唯一、障害になりうるとすれば、石原さとみさんが創価学会員だということ。

結婚を機に彼女が創価学会を退会するのか、それとも山Pも入会するのか・・・

過去に宗教に関するこういった問題が障害となり、破局してしまったケースもあるので、二人に結婚の意思があるのなら何とかクリアして欲しい問題だと思います。

 

まとめ

 

石原さとみさんは日本を代表するトップ女優です。

デビュー当時は今と比べてだいぶぽっちゃりしていましたが、今ではルックス、スタイルともに洗練され、女性が憧れる顔No.1にも選ばれています。

今は山Pこと山下智久さんとの結婚が近いと言われているものの、彼女が創価学会員であることから、結婚の障害になるのではないかとの見方もあります。

だとしてもふたりにとって最良の方法で問題をクリアし、幸せな結婚をつかんでほしいと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す