鈴木砂羽の2度の離婚や土下座騒動から見えてくる人間性とは?

スポンサーリンク




女優の鈴木砂羽さんが演出家としての初舞台で、出演予定の女優ふたりに対して土下座を強要したと一躍時の人になっていますね。

2度の離婚経験やドラマ撮影現場でブチ切れたと報道されるなど、大女優顔負けの勇ましいエピソードを持つ彼女。

画面から伝わってくる彼女の人間性は、女優にしておくのはもったいない(?)ほどのおもしろキャラで、バラエティ番組ではかなり重宝がられている様子です。

これら一連の報道から女優 鈴木砂羽の人間性が気になりました。

彼女の性格を良いという報道や、逆に悪いという相反する報道などもあり、いったいどっちなの?ということで検証してみようと思います。

 

女優 鈴木砂羽にとって「結婚の条件」は、演出家として初めての舞台でした。

女優とはまた別の強い思いがあったと想像できます。

自然と稽古にも力が入っていたことでしょう。

そんな中、出演予定だったふたりの女優が、鈴木から「物のように扱われた」「土下座を強要された」と、初日の舞台直前に降板してしまいました。

土下座を強要されたというふたりの女優サイドと、土下座の強要はなかったとする鈴木サイドと、双方の主張には食い違いがあります。

こうなってくるといくら関係者の話を聞いたところで、証拠となる画像やボイスレコーダーでもない限り、事実を証明するのはなかなか難しいように思います。

 

鈴木はもともと姉御肌の上、飾らない性格かつ酒豪ということで、お酒の席では男性スタッフに恐れられている存在なのだとか。

連続ドラマ出演中、共演者と比べて自分の役柄の衣装がおしゃれでないという理由から、台本を替えさせたという話もあります。

鈴木の自分に正直でサバサバした性格は、そういう人だからと割り切れれば特に気にならないのかもしれません。

でも、演出家、出演者という関係性においては、そう簡単に割り切れない部分もあると思います。

演出家としての実績もなく、共演者との間に信頼関係が築けていない場合、稽古中に浴びせられる怒号は不快でしかないでしょう。

舞台の初日が近づくにつれ、否が応でも稽古に熱が入れば怒号や罵声が飛び交っていても不思議ではありません。

 

また今回降板した女優のひとりが自身の売名行為を目的に、ブログへ記事をアップしたとの報道もあり、真相は闇の中といった印象です。

 


 

まとめると鈴木砂羽の人間性は、けっして悪くないと思います。

姉御肌で酒豪と聞くと、細かいことにこだわらず豪快なイメージがあります。

ひとによっては怖いと感じる部分もあるかもしれませんが、それはあくまでも豪快すぎるからだと思うのです。

豪快すぎるゆえに、ひととのコミュニケーションでは誤解を与えてしまうこともあるでしょう。

今回の土下座騒動は、鈴木にとって演出家として初めての舞台だったために、つい感情的になり共演者に不快な思いをさせた可能性はあります。

だからといって彼女の人間性まで否定する気にはなれません。

お互いのボタンの掛け違いであり、誤解が誤解を生んでしまった・・・そんな事件だと思いました。

鈴木砂羽の人間性を姓名判断の観点から考察してみた!

 

姉御肌で豪快なイメージの鈴木砂羽さんですが、姓名判断の観点から人間性を考察してみようと思います。

いくつかの姓名判断を照合しポイントをピックアップしてみました。

・芸術、芸能などで才能を発揮する
・場を盛り上げたりするのが上手い
・周囲の人の影響で気苦労が多い
・粘り強い行動でピンチを脱出する
・周囲に迎合することなく我が道をいく

姓名判断を信じる信じないは別として、鈴木砂羽さんの特徴をズバリ言い当てていると感じました。

既に芸能界での活躍は周知の通りですし、バラエティ番組では視聴者の喜ぶツボを知っている様子で、人に合わせすぎることなくマイペースなふるまいなど・・・

あまりにも姓名判断通りでビックリしています。

持ち前の粘り強さで、今回の土下座騒動というピンチも脱出して欲しいと思います。

まとめ

 

2度の離婚や自身の初演出となる舞台への出演女優とのトラブルで、厳しい状況に立たされている鈴木砂羽さんですが、けっして人間性が悪いというわけではないと思います。

姉御肌で豪快な性格ゆえに、コミュニケーションの取り方次第では、誤解を与えてしまうことがあるかもしれません。

今回の土下座強要問題も当事者双方の主張が違うために、結局真相はわからずじまいです。

彼女の性格や人間性について、今後どんな風に報道されようと、個人的に嫌いになれないのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す