ハロウィンを日本人は勘違いしてる?本来のハロウィンの意味は?

スポンサーリンク




日本のハロウィン市場は、今やバレンタイン市場を上回るほどの盛り上がりなのだとか。

ハロウィンと聞いて真っ先に思い浮かぶのが派手な仮装ですが、海外の人々からは「日本人はハロウィンを勘違いしてる」と思われているようですね。

もしかしたら「変なの~」なんて、笑われてるかもしれないとしたら何だか悲しい・・・

そこで本来のハロウィンとは何なのか、その由来やハロウィンへの認識が世界と日本とでズレてしまった背景について調べてみました。

 

ハロウィンは厳密に言うと毎年10月31日と決まっています。

でも日本のテーマパークやデパート、コンビニなどのイベントコーナーを見ると、一定期間ハロウィン色に染まっていますよね。

特にディズニーやUSJなどのテーマパークでは、2ヶ月近くもハロウィン期間として様々なイベントが開催されています。

ハロウィンはまさにイベント好きにとっては、一年で最もテンションが上がる時期なのかもしれませんね。

ところが世界の人たちからは、日本人はハロウィンを勘違いしてると言われています。

そもそも本来のハロウィンて何なの?

ということでハロウィンの由来について見ていきましょう。

 

ハロウィンとは古代ケルト人のお祭りが起源と言われていて、日本で言えばお盆のようなもので、亡くなった人の霊が親族を訪れる夜のこととされています。

古代ケルト人たちはケルト暦の年末にあたる10月31日に、死者の霊が集まってくると信じていました。

さらには亡くなったひとの霊だけでなく、魔女や悪霊などの歓迎されないものまでもが集まってくると考えられていました。

人々はそれらの災いから身を守るために、仮面をつけたり、かがり火をたいて魔よけにしたりしたと言われています。

ハロウィン=仮装というイメージは、こうしたところからきていると思われますね。

 

ちなみにケルト人とは、古代ヨーロッパに住んでいた信仰心の熱い民族のこと。

後にローマ人の征服を受け信仰宗教の変更を強制されると、ケルト人の不満はどんどん大きくなっていきました。

そこで国の宗教をキリスト教としたローマ皇帝は、キリスト教とケルト人が信仰する宗教との融合を図り、国の平静を保とうと考えました。

こうしてふたつの宗教が融合される過程で生まれたのが、ハロウィンというお祭りです。

 

世界から見た日本のハロウィンとは?認識がズレてしまった背景

 

ハロウィンはもともと毎年10月31日に行われている、キリスト教における秋の収穫祭で、悪霊たちから身を守り追い出そうとする宗教色の強いお祭りでした。

今では宗教的なお祭りというよりも、アイルランド系移民によってアメリカに持ち込まれた、民間行事としてお祝いするのが一般的になっています。

世界的なハロウィンでは、主役はあくまでも可愛らしく仮装した子どもたちです。

子どもたちのために大人が準備をして、お菓子を囲んでパーティを楽しむイベントなんですね。

 

ところが日本におけるハロウィンの始まりは、1983年に行われた「原宿キディランド」でのパレードでした。

その後も1992年に東京のナムコ・ワンダーエッグで、1997年には東京ディズニーランドなどのテーマパークで、大々的なハロウィンイベントが開催されるようになりました。

これにより日本人が考えるハロウィンは、家庭で楽しむイベントではなく、世界と趣の異なる日本独自の文化として定着していったと考えられます。

まとめ

 

日本におけるハロウィン市場は、いまやバレンタイン市場をも上回る規模になっています。

日本人はハロウィンを勘違いしていると言われていますが、日本独自の文化として根付いている今、起源から大きく外れていたとしても構わないのかもしれません。

テーマパーク側の思惑にまんまとハマった感があるものの、世界的に見てもこれほど大規模なハロウィンイベントはないでしょう。

人種や老若男女を問わずに楽しめる素晴らしいイベントとして、日本のハロウィンに大いに期待しようと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す