ダイエットの停滞期っていつ?期間と3つの脱出ポイントとは?

スポンサーリンク




あなたは「ダイエットの停滞期っていつなの?」と気になったことはありませんか。

ダイエットを始め食事制限や運動などを続けていると、初めの頃は順調に落ちていた体重が、ある日を境に何をしても減らなくなってしまいます。

これがいわゆるダイエットの停滞期なのですが、

「停滞期っていつなの?」

「停滞期を脱出するにはどうしたらいいの?」

これらの疑問に答えるべくリサーチしてみました。

せっかく痩せようとダイエットを始めたのに、停滞期に突入した途端やる気を失い、それまでの努力が無駄になってしまうのは悲しいですよね。

ダイエットの停滞期について正しく理解し、停滞期にあってもモチベーションを維持しながら理想の体型を目指していきましょう。

 

ダイエットを始め一定以上体重が落ちると、個人差やダイエットの種類に関係なく必ず訪れるのが停滞期です。

停滞期の時期としては、ダイエット前の体重の5%以上減った頃から始まり、短いひとで2週間、長いひとだと2ヶ月以上ということもあります。

2週間程度ならモチベーションを維持したまま続けられそうですが、2ヶ月以上も停滞期が続いてしまうと、さすがに「もういいや!」なんてことにもなりかねませんね。

ダイエットの成功は、停滞期をいかに乗り切れるかにかかっていると言っても過言ではありません。

ダイエットを始める際には、2週間から1ヶ月程度の停滞期を覚悟した上で取り組むようにしましょう。

そもそもダイエットの停滞期って何?

 

「そもそもダイエットの停滞期って何?」という話ですが、簡単に言うと生命を守るために体が発動する防衛本能のこと。

別名 ホメオスタシス機能といいます。

私たち人間の体はこのホメオスタシス機能により、体温や血糖値、脂肪の燃焼率やエネルギーの吸収率などが、すべてコントロールされているのです。

ダイエットで生命を維持するのに必要なカロリーが不足することで、体が飢餓状態、つまり危険な状態だと察知してしまいます。

ダイエットの停滞期に入り体重が落ちなくなるのは、体がこれ以上摂取カロリーが少なくなると危険だよと防衛機能を発動させるためです。

 

ダイエットでは短期間で劇的に痩せる、糖質制限やファスティングなどのダイエット方法の場合、より停滞期を感じやすくなる傾向があります。

多くのひとは短期間で効果の高いダイエット法にチャレンジしがちですが、これらは短い期間で大きな成果が見込める分、心身面での負担が大きくなります。

ダイエットは目標体重をクリアして終わりではありません。

停滞期にダイエットに対するモチベーションがなくなり失敗に終わるよりも、長く続けられるダイエット法の方が、結果的に健康的に痩せられる方法だと思います。

ダイエットの敵「停滞期」脱出の3つのポイントとは?

 

ここからはダイエットの大敵である停滞期を脱出するポイントについて見ていきましょう。

ダイエットの停滞期を脱出する3つのポイント

・今までのダイエット方法を淡々と続ける
・筋トレ+軽めの有酸素運動をする
・高たんぱく低カロリーの食事を心がける

 

今までのダイエット方法を淡々と続ける

 

ダイエットの停滞期に入り体重が落ちなくなると、もっと摂取カロリーを減らそうとか、消費カロリーを増やそうと無理をしてしまうかもしれませんね。

さらにハードな運動をプラスすることもあるでしょう。

でも大切なのはそれまでのダイエット方法を淡々とやり続けることです。

停滞期に無理をすることで、ダイエットが継続できなくなっては元も子もありません。

 

筋トレ+軽めの有酸素運動をする

 

痩せやすい体質づくりのためには筋トレが欠かせませんが、停滞期中はプラスウォーキングなどの軽めの有酸素運動がおすすめです。

また、代謝をさらにアップさせるには、半身浴なども有効な方法のひとつです。

軽めのウォーキングや半身浴などでリラックスし、停滞期であってもダイエットを楽しめるようになると、ダイエット成功の確率は格段に高くなるでしょう。

 

高たんぱく低カロリーの食事を心がける

 

ダイエットの停滞期を乗り越え、その後も体重を落としていくためには、食事に対して一層の注意が必要になります。

ここで高カロリーの食事をドカ食いなどしようものなら、リバウンドへまっしぐらです。

停滞期の食事のポイントとしては、ダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラル、タンパク質を意識して摂るようにすることです。

特にタンパク質は肉や乳製品などの多く含まれることから、ダイエット中はどうしても不足してしまいます。

ダイエット中に低カロリーで高たんぱくの食事を効率良く摂るには、大豆を原材料にした豆腐や豆乳などがおススメです。

まとめ

 

ダイエットにはある日を境にして体重が落ちなくなる停滞期がつきものです。

停滞期はダイエット前の体重の5%以上が減ったときに訪れ、2週間から1ヶ月程度続きます。

停滞期を乗り切りダイエットを成功させるためには、停滞期中に無理をすることは禁物です。

それまでのダイエット方法を淡々と続けることがとても大切。

停滞期には特に高たんぱく低カロリーの食事を心がけ、必ず停滞期は終わると信じて乗り切りましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す