くせ毛・剛毛・毛量過多の私がしっとりツヤ髪に!コスパ最強の対処法とは?




私は長年、くせ毛・剛毛・毛量過多という髪質に悩んで来ました。

特に何をやってもまとまらず大変だったのが、
梅雨時と冬の乾燥する時期でした。

ストレートヘアに憧れ縮毛矯正をしたり、
髪のボリュームを抑えようと様々なスタイリング剤を使ったり・・・。

縮毛矯正をしたときには、
それまで経験したこともないほど髪が傷んでしまい、
まさに泣きっ面に蜂のような状態でした。

髪質の三重苦とも言えるくせ毛・剛毛・毛量過多を
何とかしたいと試行錯誤を繰り返す中で、
私はそれらの悩みを軽くしてくれるあるふたつのアイテムに出会ったのです。

ここからはそのふたつのアイテムについてご紹介していきます。

私と同じようにくせ毛・剛毛・毛量過多で悩むかたの参考になれば幸いです。

 

 

くせ毛・剛毛・毛量過多で何が困るかというと、

・まとめるのが大変
・そもそもまとめられない
・いつも同じヘアスタイル
・自分に自信が持てない
・鏡を見るたびため息が出る
・きれいなストレートヘアの友人が羨ましい
・梅雨の時期は特に憂うつ
・美容院へ行くたび髪質についてあれこれ言われる
・長くするしかないと髪を結んでも似合わない

ときりがありません。

毛量については、
年齢に伴い髪が細くなってきたせいか若干少なくなってきましたが、
それでも美容院では未だに髪をすいてもらっています。

こんな私が髪質の悩みから解放されるべく神アイテムに出会ったのは、
主人が趣味でちょっと良い将棋を買ったことがきっかけでした。

将棋?

神アイテム?

将棋と神アイテムとの関係性がわからないかもしれませんね。

ここでいう神アイテムのひとつが「椿油」で、
主人が言うには、
将棋の駒を椿油で丁寧に拭いてあげると美しい状態が保てるのだとか。

と言っても一組の駒に対して1、2滴を年1回程度でいいらしいのですが・・・。

結局、主人が将棋の駒を磨くのに使った椿油はわずかで、
残りをくせ毛・剛毛・毛量過多の私がヘアケア用として使うことに。

すると使い始めてすぐに、
あれほどまとまりがなかった髪の毛が、
しっとりとまとまりツヤツヤになったんです。

長年、くせ毛・剛毛・毛量過多に悩んできた私は、
椿油を使うだけでこんなにもあっさりと髪の毛がまとまるなんて・・・と
拍子抜けするほどでした。

私のヘアケアに欠かせないもうひとつの神アイテムがあるのですが、
それは「タングルティーザー」というヘアブラシで、
安いものだと1,500円前後で購入することができます。

届いてすぐに使ってみると、
くせ毛・剛毛・毛量過多の髪の毛が、
まとめやすい髪へと変わりました。

椿油とタングルティーザーを併用することで、
それぞれの相乗効果があるのかもしれませんが、
ツヤ・手触り・まとまりが全然違います。

椿油は40mlが1,000円前後で買えますし、
タングルティーザーも1,500円ほどで買えるので、
コスパ最高の私にとってのまさにヘアケア用神アイテムなんです。

私は椿油をヘアケア用として主に使っていますが、
ほかにも色々と使えるようなので、
さらに具体的な使用方法についても調べてみました。
スポンサーリンク

椿油の効果的な3つの使い方とは?

 

今回、椿油が将棋の駒のお手入れや
ヘアケアにとても効果的だとお伝えしましたが、
ほかにも魅力的な使い方ができるようですね。

椿油の効果がすごい!3つの効果的な使用方法

・ヘアケア
・スキンケア
・食用として

ヘアケア

椿油には髪の水分が蒸発するのを防ぎ、
潤いを与える効果が期待できます。

また、髪のキューティクルを整え紫外線や乾燥、
カラーリングやドライヤーの熱など、
様々なダメージから髪を守ってくれます。

椿油でヘアケアする場合、
シャンプー後のトリートメントとして使う方法と
タオルドライ後のドライヤー前に使う方法があります。

特に髪のパサつきが気になるかたにおすすめなのが、
トリートメントとして使う方法です。

やりかたは、
まず半分ほどお湯をはった洗面器に、
3~4滴ほどの椿油を入れよくかき混ぜます。

次にシャンプー後の髪にかけ髪全体に馴染ませていきます。

あとはタオルドライをしてドライヤーで乾かします。

いっぽうタオルドライ後、
ドライヤーの前に使う方法としては、
1、2滴、手のひらに馴染ませ髪全体に揉みこんでいきます。

最後にドライヤーで髪を乾かして完了です。

私がやっているのはタオルドライ後、
髪全体に馴染ませドライヤーをかける方法ですが、
めちゃくちゃ簡単なのでおすすめですよ♪

 

スキンケア

椿油には高い保湿効果があります。

その理由は椿油の主成分であるオレイン酸が
私たちの肌の皮脂成分にとても近い成分だということ。

肌に近い成分ということは、
肌への刺激も少ないということ。

椿油を使うことで
不足しがちな皮脂成分を補えるので、
乾燥による肌トラブルを防ぐのにとても効果的です。

 

食用として

食用として作られた椿油には、
善玉コレステロールはそのままに、
悪玉コレステロールを減少させる効果が期待できます。

日々の食生活に摂り入れることで、
肥満をはじめ
悪玉コレステロールが原因の病気予防にもなると考えられています。

ただし、過ぎたるは及ばざるが如しで、
摂り過ぎればお腹が緩くなったり、
太ったりしてしまいます。

食用として摂る場合は、
くれぐれも摂り過ぎに注意しましょう。

椿油の3つの効果的な使用方法についてご紹介しました。

保湿効果の高い椿油は顔や髪の毛だけでなく、
鉄製品のさび止めや木製品のお手入れ、
体全体の保湿ケアにも使えるまさに「万能オイル」と言えそうですね。
スポンサーリンク

タングルティーザーでうねうねしたくせ毛が真っすぐに?何このヘアブラシ?

 

私がヘアブラシ「タングルティーザー」のことを知ったのは、
ヤフーのトップページを流し読みしていたときでした。

「絡まない魔法のヘアケアブラシ」とか、
「髪をとかすだけで簡単にさらツヤ髪に」とかいう
魅力的なコピーに目がとまったのです。

口コミを調べてみても、
高評価の口コミが多かったので、
騙されたと思って買ってみました。

使ってみた結果は・・・

評判通りのヘアブラシで、
思っていた以上、
期待していた以上の効果を実感できました。

くせ毛・剛毛でお悩みのあなたは1度試してみては?
スポンサーリンク

まとめ

 

くせ毛・剛毛・毛量過多で長年悩み続けてきた私にとって、
椿油とタングルティーザーは、
ヘアケアアイテムとして手放せない存在になりました。

以前、美容院で高いスタイリング剤を勧められ、
買うかどうか迷っていましたが、
このふたつがあればそれももう必要なさそうです。

コメントを残す