インフルエンザ発症の家族はいつまで隔離すべき?家族感染を防ぐ方法

数年前、家族3人でインフルエンザにかかったことがありました。 私と息子は予防接種を受けていたのですが、ただひとり予防接種を受けていなかった夫が真っ先に感染し、夫から息子、息子から私へと拡大してしまいました。 家族みんなで体調を悪くすると、食事の用意はもちろん洗濯や掃除もできないということになり、生活に支障が出てきてしまいますよね。 そうならないよう家族がインフルエンザにかかったと

続きを読む

花粉症を放置すれば悪化の原因に!花粉症を悪化させるNG習慣とは?

花粉症の症状はある日突然現れ始めます。 あなたは花粉症かもしれないと思いながらも、症状が軽い、忙しいなどの理由で放置してはいませんか? 鼻水やたまに目がかゆい程度の軽い症状だと、「わざわざ病院へ行くほどでもないかな・・・」なんて考えてしまう気持ちもわかります。 でも、たかが花粉症と甘く見て放置していると、症状を悪化させることにもなりかねませんよ。 花粉症は早めの治療と生活習

続きを読む

悪口を言ってしまう人はある病気にかかりやすい?悪口はもうやめて!

世の中には口を開けば○○さんはどうだ△△さんはどうだと悪口を言ってばかりの人がいますよね。 悪口を言うことに罪悪感をまったく持たない人もいれば、悪口を言うのは良くないと思いながらも言わずにはいられない人と同じ悪口を言うのにも人それぞれのようです。 でもつい悪口を言ってしまう人というのは、ある病気にかかりやすいという話があるんですよ。 もしあなたがよく悪口を言ってしまうというのなら

続きを読む

ノロウイルス感染!覚えておきたい感染時に楽になる方法とは?

冬に多発するノロウイルスによる感染性胃腸炎は、強い感染力が特徴で年齢に関係なく感染・発症します。 特に抵抗力のない乳幼児や高齢者の場合は、感染すると重症化しやすいため注意が必要です。 流行期は11月~2月頃ですが、乾燥や熱に強く長期の生存が可能なことから、1年を通して発症します。 1度感染しても長期的な免疫力がつかないので、何度でもかかってしまいます。 そんなノロウイルスの

続きを読む

頑張りすぎでうつ病に?人生いい加減に生きることが大切!

あなたは頑張りすぎる性格で悩んではいませんか? 何か頼まれると「嫌、無理、出来ない」と断れなかったり、強い責任感から「自分がやらなきゃ誰がやる」と言わんばかりに相手の要求を満たそうとして頑張りすぎてしまう・・・ ☆そんなあなたに対して頑張って当然、 出来て当たり前という周りの反応に腹がたつ ☆こんなに頑張っているのに まったく評価されないことにやりきれなさを感じる ☆些

続きを読む

舌を見ればわかる病気のサインとは?

あなたは、ご自分の舌をじっくりと見たことがありますか? あなたの舌はどんな色や形をしていますか? 漢方では舌を見れば体調がわかるということで、舌診と呼ばれる診断方法があるそうです。 舌診は鏡ひとつで誰でもその気になれば、いつでもどこでも行うことができます。 舌を見て大まかな体調を把握することで、日常的な不調はもちろんのこと、大きな病気のサインをも見逃さずに対処できるようにな

続きを読む

自覚しにくい【隠れ冷え性】の原因、症状、改善方法とは?

あなたはいつも手足だけポカポカと温かくはありませんか? 冬の寒い日に、ベッドから足先を出して寝ていたりしませんか? あなたは汗をかきやすくはありませんか? おなかを触ると冷たいと感じたことはありませんか? こんな症状があったあなたは、「隠れ冷え性」かも知れません。 一般的な冷え性と言えば「手足が冷たくなる」ことを言いますが、冷え性には冷え性と自覚しにくい「隠れ冷え性」

続きを読む

風邪を早く治したい!風邪によく効く治し方とは?

風邪かな?と思ったら時、あなたはどうしてますか。 栄養のあるものを食べて、薬を飲んで温かくして早く寝る。 う~ん、これだと半分当たりで半分はずれですね。 風邪をひいてしまったということは、免疫力が落ちている証拠です。 そんな時にこれをやっても全く効果がないことや、逆に症状が悪化してしまうこと、知っているようで知らない風邪によく効く、早く効く方法など、ご紹介します。 風邪に

続きを読む

低体温は病気のもと?低体温を放置していけない理由とは?

あなたの体温は35℃という低体温ではありませんか? だとしたら、そのまま放置していると大変なことになりますよ? なぜならガン細胞が最も増殖する温度が35℃だからです。 低体温はガンだけではなく、様々な病気のもとと言われています。 それは簡単に言うと、体が冷えることにより免疫力が低下して病気にかかりやすくなるからです。 体温が1℃下がると免疫力は37%も下がってしまいま

続きを読む

【更年期の不快症状】無気力、イライラ、不安感とのつき合い方

女性の更年期とは、閉経の時期(50歳頃)を挟んで前後約10年間と言われています。 更年期になると卵巣の働きが衰え始め、女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。 すると脳は、エストロゲンを分泌させようと盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌するようになります。 それでもエストロゲンは増えない、卵胞刺激ホルモンは増えるという「ホルモンバランス」の乱れが起こってしまいます。 このよう

続きを読む